Microsoftは8月21日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 20197|Windows Experience Blog」において、開発段階にある「Windows 10 Insider Preview Build 20197」の設定アプリケーションに「Manage Disks and Volumes」(ディスクとボリュームの管理)の機能を追加したと伝えた。これにより、ディスク情報の表示、ボリュームの作成とフォーマット、ドライブ文字の割当といった作業が可能になるという。

追加された「Manage Disks and Volumes」- 資料: Microsoft

Microsoftは、Windows 10の開発において、システムの設定に関する操作を「設定」アプリケーションに統合および集約する取り組みを続けている。同社はこれまでシステム設定に関する操作をコントロールパネルおよびそれ以外の個別のアプリケーションを通じて提供してきた。同社はこうした状況を「設定」アプリケーションに集約することで、より簡単に管理機能にアクセスし制御できるようにすることを狙っている。

Windows 10の「設定」アプリケーションに相当するものが、macOSには「システム環境設定」として存在している。システムの管理に関する操作は「システム環境設定」に集約されており、多くの作業はこのアプリケーションを通じて行えるようになっている。