相内誠

写真拡大

 西武ライオンズは8月20日、相内誠投手(26)と佐藤龍世内野手(23)を、無制限の対外試合出場禁止とユニホーム着用禁止にすると発表した。理由は、球団から自宅待機や不要不急の外出禁止を通達されていたにもかかわらず、4月12日、佐藤の運転する車で千葉県内のゴルフ場へ行ったためだ。しかも、ゴルフ場へ向かう途中、首都高速の山手トンネル内を、制限速度を89キロもオーバーする時速149キロで走行し、オービス(自動速度違反取締装置)に検知されていた。異例の厳しい処分が下されたのもある意味、当然だが……。

 ***

 佐藤はさておき、相内はこれまでも度々問題を起こしてきた。西武入りする前は、最速145キロの切れのいいストレートにスライダー、カーブ、フォーク、カットボールを操り、端正な顔立ちと腕の振りが柔らかいことから“房総のダルビッシュ”と呼ばれた。家庭の事情で中学時代を児童養護施設で過ごしたことも話題になった。しかし、プロ入り後は1軍で21試合に登板し、0勝7敗、防御率は10・05と結果を出していない。

相内誠

 これまでの問題行動を改めて紹介すると、最初は、2012年12月。友人と2人で東京スカイツリーへドライブに出かけ、その帰り道に仮免許を取得していた相内が友人に「運転を代わってくれ」と懇願。一旦断られたものの、無理やり運転を代わってもらい、東京アクアラインを走行した。制限速度を29キロオーバーする時速109キロで運転し、覆面パトカーに摘発された。その1カ月前にドラフト2位で指名されたばかりだった。

 道交法違反で千葉県警に摘発された相内は、入団交渉も凍結され、千葉国際高校(現・翔凛高校)からは謹慎処分を受けた。正式に入団が決まったのは翌13年3月10日だった。背番号は当初用意してあった41番から71番に変更。年俸も当初の700万円から630万円に減額された。

 千葉家裁木更津支部は3月、相内に対して「非行態様や性格、環境などに鑑み、相当期間の保護観察が相当」とした。保護観察は13年9月まで続いた。

 ところが、保護観察が終わった2カ月後、再び問題を起こしてしまう。2014年1月、西武の公式ホームページの意見欄に、未成年の相内が都内で飲酒しているとの投書があった。球団が本人に確認したところ飲酒を認め、さらに13年の11月と12月にも都内で飲酒し、喫煙もしていたことを認めたという。球団は1月22日付で6カ月間の対外試合出場禁止、外出規制の処分を申し渡した。

指先の感覚が鋭敏

 さらに2018年4月10日、車による自損事故も起こしている。その日はイースタンで日本ハム戦があり、清宮幸太郎のプロデビュー戦として注目されていた。この試合に先発予定だった相内は、西武のメットライフドームへ自身の車で向かっている途中、運転操作ミスで車をガードレールに衝突させた。この事故で先発も外され、球団は数試合の出場停止、1年間の運転禁止処分を科した。

「1勝もしていないのに、よく8年間も置いてくれたものです。西武は相内にまだ期待しているのでしょうか。これだけ問題を起せば、普通だったらとっくに戦力外ですよ」

 と語るのは、相内を指導した千葉国際高校野球部元監督の高瀬忠章氏(75)である。

「彼は家庭環境のこともありましたから、高校を出た後は大学進学は無理でした。そこで私は、プロを目指せと指導したのです。ストレートはスピードがあり、コントロールもいい。指先の感覚が鋭敏で、繊細に球を操っていました。アウトコース低めへびしっと投げることができた。指先が鋭敏な感覚を持っている投手は稀ですからね、プロで通用すると思いました」

 実際、相内は高校2年の時、高校野球・千葉大会で松戸馬橋戦に先発し、先頭打者から9人連続三振を奪った。3年は春季県大会で5試合40イニングを投げ、47三振、防御率は0・00だった。

「3年の千葉大会では、相内を見るために日米13球団のスカウトが集まったものです。ところがプロに入ると、次々に問題を起こしてしまい……。昔からやんちゃなところがありますね。すぐに調子に乗ってしまう。1勝もできないのは、精神的に弱いところがあるからでしょう」

厳しく指導することができない

 相内が2012年に無免許でスピード違反を犯して謹慎処分になった際、高瀬氏は自宅に彼を住まわせ面倒をみたという。

「3年生は、学校の寮に居られるのは12月まででしたから、うちに呼んだのです。謹慎処分で外出禁止でしたが、かえってストレスが溜まって、いきなり家を飛び出して近所を歩き回ったこともありました」

 相内は、高校時代はあまり練習熱心ではなかったという。

「彼は、強く叱ったりすると、すごく反発する子でした。だから、厳しく指導することができなかった。反発して野球をやめてしまったら、せっかくの才能を潰してしまう。それが怖かったですね。でも、今考えると、もっと厳しく鍛えておけば良かったなと思っています。鍛え方が足りなかった。その分、プロで苦労することになってしまった」

 高瀬氏は、今でも時々、相内と連絡を取り合っているという。

「この8月に、1軍に上がれそうかもしれないと連絡があったのです。そうしたら、ゴルフ場へ行ったことが発覚して……。今度の処分でどうなるか。このまま終わらせるのはもったいないですよ。野球を辞めて変な道に行っても困ります。なんとかもう一度チャンスを与えてあげてほしいと思っています」

週刊新潮WEB取材班

2020年8月25日 掲載