日本トレンドリサーチは8月24日、 「2020年の夏に販売を開始したマスク」に関する調査の結果を発表した。同調査は、2020年の夏に大手メーカーが販売を開始した7ブランドのマスク(エアリズムマスク、繰り返し使えるマスク、肌にやさしい洗える布製マスク、マウスカバー、コットンモア、ダブル抗菌・洗えるクールマスク、スポーツフェイスマスク、クイックロン ポケマスク)を対象に実施、1989名の回答が得られた。

それらのうち、120名以上から有効回答を得られた「繰り返し使えるマスク(無印良品)」と「エアリズムマスク(ユニクロ)」で、 それぞれ先着120名の回答が集計されている。質問項目は、価格、通気性、伸縮性、着け心地、総合的な満足度。

その結果、 10点満点評価でより総合満足度の平均点が高かったのは7.158点で「繰り返し使えるマスク」となった。

繰り返し使えるマスク(無印良品)

エアリズムマスク(ユニクロ)

「繰り返し使えるマスク(無印良品)」と「エアリズムマスク(ユニクロ)」の創造満足度評価

「繰り返し使えるマスク」については、「着け心地が良く、 とても快適だから。 (50代・男性)評価:10点」「繰り返し使っていいし、 使い捨てマスクよりも、 つけ心地が良い。 (30代・男性)評価:9点」「色のバラェティが豊富でよい フィット感がある。 (30代・男性)評価:8点」といったコメントが寄せられている。