GSOMIAは維持される見込み あす24日再び破棄の通告期限

ざっくり言うと

  • 韓国が1年前に破棄を通告したものの、その後も維持されていたGSOMIA
  • 韓国は「いつでも破棄できる」としている一方、日本は静観する方針だという
  • 24日に再び破棄の通告期限を迎えるが、協定はこのまま維持される見込みだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x