Microsoftは8月20日(米国時間)、「WSL 2 Support is coming to Windows 10 Versions 1903 and 1909|Windows Command Line」において、Windows 10でLinuxバイナリを実行する機能であるWSL 2 (Windows Subsystem for Linux version 2)を「Windows 10 version 1903」および「Windows 10 version 1909」にも提供したと伝えた。対象はx64のみ。Windows Updateを適用することで、WSL 2 が利用できるようになる。

WSL 2 で動作するUbuntu 20.04 LTS

MicrosoftはWSL 1からWSL 2 に移行することで次のような利点があると指摘している。

ファイルシステムパフォーマンスの向上

Linuxカーネルシステムコール100%互換の実現

WSL 2 に対応したDocker Desktopが利用可能

Windows 10向けにUbuntuを提供しているCanonicalは同日、「Ubuntu on WSL 2 Backported to Windows 10 1903 and 1909, Extending Reach | Ubuntu」においてこの取り組みを伝えるとともに、必要性の高さを指摘した。

Microsoftはフィーチャーアップデートごとに最新のWindows 10へアップデートし続けることを推奨しているが、企業では特定のバージョンをサポート期限まで使い続けるケースも多い。Canonicalはこの点を指摘し、「Windows 10 version 1903」および「Windows 10 version 1909」でWSL 2 が利用可能になることで、より多くの企業がWSL2の恩恵を受けることができると説明している。

なお、ARM64版はバックポートの対象にはなっていない。ARM64版を使っている場合にWSL 2 を利用したい場合は、Windows 10 version 2004へアップデートすることが推奨されている。