【今週の予想】
☆札幌8R 3歳上1勝クラス(芝2000m)
 7頭立てと少頭数だが、なかなかの好メンバーが揃った。人気はユーキャンスマイルの半妹ルビーカサブランカや、リアルスティールの全妹ラヴユーライヴ、デビュー戦の勝ち方が強かったサンテローズあたりだろうが、ここはウインキートスを狙う。父は洋芝適性が高い産駒が多いゴールドシップで、母の産駒は古馬になってから本格化した馬が多く、本馬も例にもれずじわじわと力をつけてきた。元々現級で2,3着があるだけに、力をつけてきた今ならメンバーが揃った今回でも十分勝ち負けになる。

◎ウインキートス
〇ルビーカサブランカ
▲サンテローズ
△₁ラヴユーライヴ
△₂デサフィアンテ
買い目
【馬単】6点
◎⇔〇▲△₁
【3連複2頭軸流し】3点
◎〇-▲△₁△₂
【3連単2頭軸マルチ】18点
◎〇⇔▲△₁△₂

☆札幌11R 札幌記念(GII)(芝2000m)
 例年ファンやマスコミの間で、GIへの昇格を望まれるほど好メンバーが揃う札幌記念。今年は例年に比べると少し寂しいメンバー構成だが、それでもGI馬3頭が参戦。中でも今年好調のラッキーライラックを本命に推す。昨年エリザベス女王杯で久々の勝利を挙げると、暮れの香港ヴァーズでは世界の強豪を相手に2着。今年に入っても牡馬を相手に大阪杯を制するなど完全に復調、いや成長を遂げている。前走こそ発表された馬場状態よりも悪い馬場が影響して6着に敗れたが、明らかに力負けではなく馬場適性の問題。洋芝は初めてとなるが、オルフェーヴル産駒らしくパワーも兼ね備えており、全く問題ないだろう。秋に向けての一戦ということもあり、やや余裕残しの仕上がりではあるが、本馬の力であれば十分勝ち負けになる。相手本線はノームコア。前走の安田記念では4着に敗れたが、後方2,3番手からの競馬で流石にポジションが後ろ過ぎた。それでも勝ち馬に次ぐメンバー中2位の上がりを使っており、牡馬が相手でも十分GIで勝負できることを示した。ただ、直線に入ってからのエンジンのかかりが遅く、上位の馬たちに引き離された分馬券圏内には届かなかった印象で、もう少し距離があればと思わせる内容だった。今回は2ハロン距離が延びるが、むしろプラスかもしれない。一発ならアドマイヤジャスタ。以下、トーセンスーリヤ、ポンデザール、ブラックホールまで。

◎(6)ラッキーライラック
〇(1)ノームコア
▲(11)アドマイヤジャスタ
△(3)トーセンスーリヤ
△(10)ポンデザール
△(7)ブラックホール
買い目
【馬単】5点
(6)→(1)(3)(10)(11)
(1)→(6)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)-(1)(3)(7)(10)(11)
【3連単フォーメーション】16点
(6)→(1)(3)(11)→(1)(3)(7)(10)(11)
(1)→(6)→(3)(7)(10)(11)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。