※映画やドラマのレヴュー記事にはネタバレにつながる描写が含まれていることがあります。十分にご注意ください

「フェイクニュースを題材にした『ヘイター』は、“悪の実験場”としてのインターネットをリアルに描いている:映画レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

ポーランド発の犯罪スリラー映画『ヘイター』の配信がNetflixで始まった。その内容は、戯画的に誇張されているようでありながら、あまりにリアルだ。

主人公は、マイケル・セラと007シリーズの悪役を足して2で割ったような見た目の、うつろな目をしたトマシュ・ギムエザ。トマシュはもともと法学部だったが、不祥事を起こして退学になってから、地下のデジタルコンサルタントに転身した人物だ。彼は好きだった彼女の家族が支援する政治家の評判をおとしめることで、自らの失恋の傷を癒やそうとする。

トマシュは人をだますことや、人の注意をそらすことに長けている。例えば、フィットネス系のインフルエンサーが薦めていたウコンジュースで健康被害が出たというフェイク画像を投稿し、トマシュはコミュニティを炎上させた。

この炎上を起こしてから、トマシュは闇のデジタル世界へと本格的に足を踏み入れることになる。そこはイスラム嫌いの白人至上主義者だらけの世界だ。

トマシュはフェイク記事の投稿や、ヴィデオゲーム内の暗号化された会話を通じて、黒幕としてある若い白人男性を操る。祖母と同居しているその男性は、不満を抱えた生活を送っており、おそらくあなたが想像した通り、銃に強い関心がある。高校生に問題意識をもたせるために見せたいようなストーリーであり、意識の高い作品に仕上がっている。

実際に起きた事件に似た展開

『ヘイター』がつくられた経緯を追うと、ややネタバレになってしまう。

この作品は、ポーランドで実際に起きた悲劇に不愉快なほど似ていたことから、公開が遅れたという経緯がある。クリスマスに開催されたチャリティーイヴェントの舞台で、グダニスクの市長だったリベラルの政治家パヴェウ・アダモヴィチが暗殺された事件だ。『ヘイター』のなかではトマシュの誘導により、パヴェウという名前の左派寄りの政治家が暗殺される。

監督のヤン・コマサは、以前は自身がオンライン上で暗い生活を送っていたと語っている。Netflix上では少しも言及されていないが、実は『ヘイター』はコマサが2011年に制作した映画『ログアウト』の続編である。『ログアウト』の主人公は10代の少年だ。ほかの少年にキスしている動画がオンラインに出回ってしまい、彼の人生はめちゃくちゃになってしまう。

『ヘイター』を観る前に『ログアウト』を観る必要はない。ストーリーがつながっているわけではないからだ。続編は続編でも、『ヘイター』が継承しているのは『ログアウト』の精神性である。どちらも次の10年、テクノロジーに対して社会が感じている不安を寓話に落としこんでいるのだ。

虚偽の情報をまん延させるという戯画的にも思えるシナリオに、トライベッカ映画祭の審査員が説得力を感じたのは確かだろう。同映画祭のインターナショナル・ナラティヴ長編部門で、『ヘイター』は最優秀作品賞を受賞したからだ。

詰め込みすぎな側面も

『ヘイター』には、退屈かつ詰め込みすぎだと感じられるところもある。トマシュは最初、論文を盗用した法学部の学生にすぎず、まるで子犬のようだった。そこから、Facebookの“荒らし”になり、ついには政治家の暗殺を指示する黒幕になるまでの過程には、かなり多くの展開がある。

また、SNSについての会話は少々ぎこちなく、単純化されすぎているようでもあった(これは字幕で観たからかもしれない)。虚偽の情報をまん延させるというトマシュのキャンペーンは、モンタージュという技法に頼り、映画に適するようやんわりと描かれている。トマシュのしたことを物語るのは、黄色に変色した手の写真と健康被害の訴え、オンライン上での辛辣なコメント、アンチに耐えられずすすり泣くインフルエンサーの動画、射撃場、白人至上主義者たちがデモをしている様子などだ。

トマシュ自身は、ぎりぎり仕事として認められ、許容されている社会的行動と、そこから逸脱した闇の仕事の微妙な境界線を進んでいく。トマシュが振られた相手の家を盗聴し、サイレントディスコで彼女といちゃつきながら踊った様子を観たあたりで、制作者はこの灰色の小さなモンスターにちょっと同情的すぎるのではないか、とイライラしてくるのではないだろうか。

“ジョーカー”のような存在に?

トマシュが悪であり、その運命が暗たんたるものであることは承知の上だろうが、結局のところトマシュは本作のアンチヒーローなのだ。映画内で起きることや、トマシュが引き起こす事件は誇張されているようにも感じられるが、トマシュの感情の動きはもっともらしく感じられる。それこそが、観客の心に響く部分である。

Netflixでひっそりと配信開始したことを考えても、ホアキン・フェイニックスが『ジョーカー』で演じた(またはヒース・レジャーが『ダークナイト』で過去に演じた)ジョーカーのような突出した反体制の象徴になることは、トマシュに期待された役割ではない。いや、もしかすると制作者は、トマシュがそのような存在になってしまうことを懸念していたのかもしれない。

『ヘイター』の設定があまりに現実的であることから若干トーンダウンされてはいるが、トマシュは間違いなく、凶悪で頭のネジが1本はずれたキャラクターの代表だ。しかし、その恥知らずなまでの残忍さが表れるのは、小部屋にひとりでいるときか、MMORPGのなかだけだ。

トマシュの表情には表れない。また、トマシュは赤いロングコートを着ているが、それもなぜか、ちっとも魅力的に見えない。

悪の実験場としてのインターネット

『ヘイター』では、インターネット上で炎上をつくり出す“荒らし”の会社や、Facebookでのストーキングが趣味である恋愛下手な若い男性が描かれている。これは時勢にはぴったりだが、『ヘイター』の最も面白い点はほかにある。『ヘイター』が面白いのは、映画におけるインターネットの扱い、すなわち制作者がインターネットの役割をどのようなものとして想像しているかについて、微妙な変化を伝えている点だ。

映画のなかにテクノロジーを使うヒーローは存在するが、インターネットは悪として表現されることのほうが多い。『アンフレンデッド』や『スレンダーマン 奴を見たら、終わり』などの低予算のホラー映画においては、インターネットは超常現象的な悪として扱われている。

最近だと、ソーシャル・キャピタル(人の信頼関係や社会的ネットワーク)の文脈で描かれることが多い。人々は、爆発的な人気を得るか人気を得た上で、平穏な生活、尊厳、名誉を損なわれる。インターネットが「場所」ならば、そこは無秩序な群衆が支配する場所だ。そして映画もドラマも、ほとんどは現代のティーンエイジャーがかかわってくる。

『ヘイター』のようにインターネットが描かれることはほとんどない。「いいね」の数に執着する気の抜けた群衆のなかに、アンチヒーローを見いだすことは無理なのだ。

アンチヒーローが成立するには、転覆させるべき社会や、道徳的信条を破らせるほど劣悪な環境や、ドラマ「ブレイキング・バッド」のように別の文化に浸ることが必要だった。『ヘイター』においてインターネットは単なる悪ではなく、地下にあるものであり、悪の実験場なのだ。

※『WIRED』による映画のレヴュー記事はこちら。Netflixの関連記事はこちら。