テレビ東京・森香澄アナウンサー インタビュー 前編

プライベートを語った後編はこちら>>

森香澄アナのインタビューカット集はこちら>>

新型コロナウイルスの影響で無観客開催が続いているにも関わらず、その人気が高まっている競馬界。そんな中、注目を集めている競馬番組で、ジャングルポケットの斉藤慎二さんが司会を務め、個性あふれる出演者や独自の番組づくりで人気を博しているのが、テレビ東京の『ウイニング競馬』(毎週土曜日・午後3:00〜)だ。

今回、斉藤さんを支えながら、番組レギュラー陣の中で紅一点、輝きを放っている森香澄アナウンサーに番組の魅力や競馬にまつわる話を聞いた。


『ウイニング競馬』で司会を務める森香澄アナ

――森さんは、そもそも競馬には精通されていたのですか。

森 今年の1月から番組を担当させてもらっているのですが、それ以前は競馬とはまったく接点がありませんでした。ですから、自分が競馬番組を担当すると聞かされたときは、本当にびっくりしましたね。

――競馬は馬名や専門用語など難しいものが多いと思うのですが、不安はありませんでしたか。

森 担当が決まった時に東京競馬場に行って、番組の様子を見学させてもらったのですが、当初は斉藤さんや、キャプテン渡辺さんら出演者の方々が喋っている言葉の意味がまったくわからなかったんです。「これ、日本語なのかな?」といったレベルで(笑)。その時は本当に不安でしたね。

 でも、現場の雰囲気がとてもよくて、出演者のみなさんは競馬が大好きで、「何でも聞いてね」といったスタンスだったので、(初心者としては)すごくありがたかったです。実際、遠慮なく質問させてもらいましたし、この環境ならば、イチから勉強してやっていけそうだと思いました。

――その過程で苦労なさったことはありますか。

森 馬の名前とオッズのアナウンスは私の仕事で、とにかくそこは間違えてはいけないところじゃないですか。そういう意味では、やはり最初は馬の名前を覚えるのが大変でした。冠名とか、どこで区切っていいのかさえ、わからなかったですから。それで、過去のレースの実況を聞いたりして、イントネーションの確認とかをしていました。

――最初の放送の時はいかがでしたか。

森 めまぐるしかったですね。かなり速いテンポで番組が進行していって、こんなに急いで喋っていいのかな、と思ったぐらい。最初の放送は、体感で10分ぐらいの感覚でした。4月ぐらいになって、ようやく放送の感覚がつかめてきて、放送以外のことまで考えられるようになりました。

――番組の進行などに関して、気にかけていることはありますか。

森 先ほどもお話しましたが、まずは馬名とオッズの正確なアナウンス。あとは、(私よりも)視聴者の方のほうが競馬には詳しいと思うので、知ったかぶらないことですね。わからないことがあれば、放送中であっても聞くようにしています。

 たとえば、初めて番組を見る人や競馬歴が浅い人は、たぶん私とわからないことが共通していると思うんです。そういうことも考えると、私と一緒に成長してくださる視聴者へ向けたやり方もあるのかなと思っています。

――『ウイニング競馬』の魅力と言えば、どういった点になるのでしょうか。

森 コロナの影響で今は難しいのですけれど、やはり"現場"での取材量だと思います。競馬場にはもちろん、トレセンにも行きますし、騎手や調教師の方々にレースや馬の話をたっぷりとうかがっています。

 また、『ウイニング競馬』では、騎手の方の素顔や意外な一面などをお伝えすることも大切にしていて、レースだけにとどまらない情報もたくさんあるので、その点はこの番組の楽しみのひとつだと思います。そういうところもあってか、武豊騎手には「ウイニング競馬の取材って、いい意味でゆるいよね」と、よく言われるんですよ(笑)。

――シビアな世界ですけど、そういった情報があると視聴者の方々も和むと思います。

森 そう言っていただけると、うれしいですね。騎手の方々はみなさん、プライベートな話もどんどんしてくださって、レースの時とは違った魅力的な姿をたくさん見せてくれています。(そういった一面をお伝えすることで)武騎手は「競馬に興味をもってもらうきっかけになればありがたいよね」と、いつもおっしゃってくれています。

 『ウイニング競馬』にはそういった使命や意義があるような気がしています。番組を通して、いろいろな角度から競馬を楽しんでいただければうれしいですね。

――森さんが『ウイニング競馬』の担当になって約半年ですが、これまでで印象に残っているレースなどはありますか。

森 番組を担当する前になってしまうのですが、昨年末の有馬記念です。パドックを見に行かせていただいて、競馬のことはまったく知らなかった私ですが、なぜか「リスグラシューが一番カッコいい!」と思ったんですね。そうしたら、本当にレースを勝ってしまって......。あの時はびっくりしました。

――馬を見る目があるのでしょうか。

森 いえいえ、とんでもないです(笑)。

――気になった馬や好きになった馬はいますか。

森 無敗で二冠を達成したコントレイル(牡3歳)には、特別な感情があります。実は、人生で初めて触った競走馬がコントレイルだったんです。ですから、コントレイルが勝つと、自分にご利益があるんじゃないかと、うれしくなってしまって(笑)。ちょっとだけ、馬主さんや調教師さんの気持ちがわかったというか、そういう感覚を味わえたような気がします。

 コントレイルは、触ると人間っぽい温もりがあって、すごく穏やかで、優しい目をしているんです。それが、いざレースになると、あんなにも凛々しくなって。そういう姿にも圧倒されています。

 私、実は筋肉が好きなんですけど、コントレイルは筋肉がまた美しいんですよ。とくにお尻の辺りが洗練されているというか、ツヤツヤですし、「ああ、(コントレイルと)結婚したいなぁ〜」って感じでした(笑)。

――結婚を考えるほどですか(笑)。さて、この秋に向けて、やはり注目はコントレイルでしょうか。

森 そうですね。この先どうなるか、本当に楽しみですし、思い入れのある馬なので、今後も変わらず応援していきたいと思います。

――コントレイル以外で気になる馬や注目しているレースなどはありますか。

森 凱旋門賞(10月4日/フランス・芝2400m)が気になります。

――凱旋門賞と言えば、武騎手が悲願とするレースでもありますね。

森 はい。以前、取材した時にも「凱旋門賞は勝ちたい」とおっしゃっていました。

――武騎手を取材されていることが多いようですが、どんな方ですか。

森 私のような、つたない人間に対しても、すごく丁寧に対応してくださる方です。ひとつ質問をすると、10〜20の回答が戻ってくるんです。取材する立場としては、本当にありがたいですし、笑いの要素を必ずひとつは入れてくれるところも、すごく助かっています。

 以前、取材させていただいた際に、私が「お馬さん」と言ってしまったことがあったんですけど、そんな時でも「お馬さん!? オレ、何年もこの世界で取材を受けているけど、そう言われたのは初めてだよ」と、笑っていただいて。さらに最後は「"ジョッキーさん"もがんばりたいと思います!」みたいに引き取ってくれて。もう、本当に感謝しかないです。

――さすが競馬界のレジェンド。器がでかいですね。

森 はい。私自身は、冷や汗をかいて、内心ではドキドキでしたから。実は、番組に携わって、最初に取材したのも武騎手だったんです。競馬に疎かった私でも、さすがに武騎手の存在は知っていたので、その時はかなり緊張したことを覚えています。

 そんな私にも、最初からきちんと対応していただいて。武騎手はどんな状況でも丁寧に取材を受けてくださる方なので、番組のスタッフとしても、いきなり新人アナウンサーを行かせても大丈夫だろう、といった意図があったかもしれませんね。

――では、森アナ自身、今後の『ウイニング競馬』において、どのような役割を担っていきたいと考えていますか。

森 今は番組を進行することで精一杯なのですが、理想としては、女性の方にもこの番組を見てほしい、という思いがあるんです。

 あと、競馬を知らない方にも見ていただきたいと思っています。競馬をまったく知らなかった私が、今では競馬が「面白い!」と感じていますし、この番組で競馬を好きになるきっかけを見つけていただきたいです。

 今はコロナ禍で厳しい状況にありますが、以前のように取材ができるようになったら、騎手や調教師の方々の魅力にどんどん迫って、競走馬の違った一面なども存分に紹介していきたいですね。そんな、女性や初心者の方々にも見ていただけるような、情報をお届けしたいなと思っています。

(つづく)

Profile
森香澄(もり・かすみ) 2019年入社
1995年6月16日生まれ。東京都出身。O型
趣味:ひとりカラオケ、アイドルのダンスの完コピ
特技・資格:ピアノ、ダンス、作詞作曲
好きな食べ物:納豆、から揚げ、白米

「ウイニング競馬」(毎週土曜日午後3:00〜、BSテレ東は午後2:30分〜)
公式HPはこちら>>

テレビ東京公式競馬Twitterはこちら>>

森香澄アナのインスタはこちら>>森香澄アナのTwitterはこちら>>