7月豪雨時に「異常な状態だった」異常気象分析検討会で分析

ざっくり言うと

  • 気象庁の異常気象分析検討会が、7月豪雨時の大気の状況について発表した
  • 雨量、水蒸気量の広域性や持続性の観点から、「異常な状態」だったという
  • 豪雨の要因の一つは、大量の水蒸気が日本付近に集中したことだとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x