搭乗5時間の旅客機で新規感染 独大学が証拠を発見か

ざっくり言うと

  • 独大学の研究グループが新型コロナに関する研究結果を米医師会誌で発表した
  • 感染は約5時間の旅客機内でも起こりうることを示す証拠を突き止めたという
  • また、機内の空気の流れが感染率に関係している可能性があるとも分析した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x