売り場に急死した男性の遺体放置し営業続ける ブラジルのスーパーに批判

ざっくり言うと

  • ブラジルのスーパーで、委託販売員の男性が心臓発作で倒れて急死した
  • 店側は遺体を4時間も売り場に放置して営業を続けていたという
  • ネットで批判の声が殺到し、店は謝罪して再発防止を約束した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x