PayPayとWeWork Japanは8月20日、オフィスの役割を再定義し、PayPayの新オフィスを共同設計したと発表した。PayPayの新オフィスは、WeWork Japanが2020年8月に開設した「WeWork 神谷町トラストタワー」内に、2020年9月末に完成予定。

同オフィスは、WeWork Japanが、ニューノーマル時代の働き方に対応するために、全面的なカスタマイズを施した、初めての事例となる。

PayPayでは新型コロナウイルスの影響を踏まえ、今後、在宅での勤務を原則とし、作業のためのオフィス出社が不要になる。そうした中、今後のオフィス戦略を「オフィスの役割の再定義」「三密回避・安全確保」「共創・協働の実現」と定め、一から設計したオフィスに移転することになった。

PayPayの新オフィスは、オフィスの総席数を従来の968席から228席と約75%削減すると同時に、従業員同士が交流できるゾーンを複数設けることで、従業員がオフィスに物理的に集まるメリットを最大限引き出す設計となっている。

また、4つの独立したゾーン(コミュニティ & ソーシャル、アクティブ・コラボレーション、ラーニング、デスク・ワーク)を設けることで、、従業員一人一人が自由に働き方を選択することができるニューノーマル時代に適したアクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW) を実現するとともに、コミュニケーションの促進や偶発的なコラボレーションが生まれやすいスペースとしている。

PayPayの新オフィスの4つのゾーン 資料:WeWork Japan

PayPayの新オフィスの4つのゾーンの位置関係 資料:WeWork Japan