オートメーション・エニウェア・ジャパンは8月19日、従業員が業務アプリケーション上で行っている作業プロセス全体をAIで分析し、RPAによる自動化に最適なプロセスを特定して開発を支援する新ソリューション「Automation Anywhere Discovery Bot」を発売すると発表した。

Discovery Botは、業務プロセスを改善するための定義や分析に利用されるプロセス ディスカバリーと呼ばれる手法を基に開発されている。具体的には、AIと機械学習を活用して、複数の業務アプリケーションを用いながら行うプロセス全体を記録し、繰り返し行われるプロセスのパターンを検出して分析する。

その結果、自動化で最大の効果を得られるプロセスを特定し、ROIの高さで優先順位を付けながら、自動化するソフトウェアBotのひな形を提案する。

「Automation Anywhere Discovery Bot」の自動化のステップ

今年後半には機能を追加し、上記の分析で特定されたプロセス全体を、最適なステップで自動化するBotを生成できるようになる予定。これにより、業務プロセス全体を自動化するまでの準備時間が短縮される。

Discovery Bot は同社のパッケージ製品「Digital Workforce Starter Pack」と「Enterprise Pack」に同梱されるほか、追加で購入することも可能。