日立建機は8月19日、施工現場の安全性と生産性の向上を図るため、自律型建設機械の開発と機能拡張を容易にするシステムプラットフォーム「ZCORE」(ズィーコア)を開発した。

ZCOREの概念図

同プラットフォームは、施工現場でオペレータが作業時に行っている「認識・判断・実行」を機械システムが行えるようにしたもの。車体に取り付けられたさまざまなセンサや通信ネットワークから情報を収集し、判断する「情報処理プラットフォーム」と、その判断に従って建設機械の油圧機器や動力機器を適切に動かす「車体制御プラットフォーム」で構成された機能拡張性の高いシステムプラットフォームとなっている。

主な特徴として、従来の建設機械ではオペレータが施工現場の状況を「認識・判断」し、安全面に配慮しながら施工を「実行」している。ZCOREは機械システムが「認識・判断・実行」できるようにしたもので、そのために必要なセンサや情報システムを容易に実装し、協調安全と高度な自律運転を両立するという。

また、外部環境や建設機械の状態を計測する各種センサなどを容易に接続でき、各種センサや通信ネットワークから得られた情報を認識して判断し、各油圧機器や動力装置を制御する。汎用のセンサに対応できるようインターフェースを共通化することで、要望に合わせて容易に機能拡張、カスタマイズを可能としている。

今後、油圧ショベル、ホイールローダ、ダンプトラックなど、同社が開発する自律型建設機械に同プラットフォームを適用していく。