福岡の神社で保護されていたアオバズクが謎の失踪 防犯カメラには人影

ざっくり言うと

  • 福岡県行橋市にある正八幡宮で、アオバズク1羽が謎の失踪を遂げた
  • ケガで保護されていて、重さ約20キロほどのケージに入っていたという
  • いなくなった夜には、防犯カメラに怪しい人影が映っていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x