「コロナに感染しているかも」市職員が嘘のメールを送り懲戒処分

ざっくり言うと

  • 京都府福知山市の47歳の職員が市に嘘のメールを送り、懲戒処分を受けた
  • 架空の人物の名前で「コロナに感染した疑いのある職員がいる」と送ったそう
  • 職員はこの頃にPCR検査を受け陰性だったが、話を大げさにしたかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x