「祇園辻利」から新登場のソフトクッキー。柔らかな食感にチョコレートがアクセントを添える

写真拡大

京都・祇園に店を構えて71年の人気茶舗「祇園辻利」から、こだわりの茶を使ったソフトな食感のクッキーが新登場。新たな京みやげとして、注目を集めそうだ。

【写真】抹茶そのものを味わえる新食感のソフトクッキー

■こだわり抜いた茶を使ったソフトクッキー

新発売のクッキーは抹茶とほうじ茶の2種類。いずれも祇園辻利がこだわりぬいた濃厚な抹茶、芳醇なほうじ茶をぜいたくに使い、ひと口食べると茶の豊かな香りが口いっぱいに広がる。

■白あんを練り込んだ柔らかな生地にチョコレートがアクセント

柔らかな食感を生み出すため、クッキー生地にはオリジナルレシピの白あんが練りこまれ、しっとりと優しい口当たり。その中にチョコチップがちりばめられ、アクセントになっている。大判なので食べ応えも満点。1枚でもティータイムの主役を務められるサイズだ。

■個包装なのでおみやげにも便利

1枚ずつ個包装されているので、おやつとして持ち歩いたり、みんなに配るときにも便利。賞味期限も約60日と日持ちするので、京みやげとしても活躍してくれそうだ。