アパレル不況でも改善されない慣行 市場縮小でも「作りすぎ」

ざっくり言うと

  • 不況のアパレル業界における構造的な問題について、筆者がつづっている
  • 市場が縮小しているが、多くのメーカーは供給過剰を改めなかったと説明
  • こうした慣行が値引き拡大を招き、正価への不信などに繋がっているとの声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x