素材の魅力を引き出す繊細で上品な一杯

写真拡大

北海道の人気ラーメン店が「ラーメンWalker北海道2020」の読者のために、2020年8月までラリー形式で限定のラーメンを作る「限定麺ラリー」。札幌を中心に多くの名店とラーメン店スタンプラリーを開催している「らの道札幌」全面協力の下、人気の10店舗が集結。『北海道愛あふれる一品』『見た目はできるだけ豪華に!』『初登場のオリジナルであること』の条件を満たすスペシャルメニューを考案する。第6弾は「らーめん 心繋」による牛骨を使ったラーメン。提供期間は8月19日(水)〜24日(月)のみとなっているので、「ラーメンWalker北海道2020」を持って店へ急いで。<※情報はラーメンWalker北海道2020より>

【写真】北海道産牛を贅沢に使った牛骨パイタンラーメン

札幌と東京の人気店で修業を積んだ店主が、それぞれの魅力をうまく取り入れた味を生み出している「らーめん 心繋(しんわ)」。スープは厳選した4種類の煮干しを季節によりバランスを調整しながら使用し、麺はメニューに合わせて使い分けていて、具材の下処理にも手間ひまをかけている。おすすめは「生姜醤油」(770円)。以前、店主が住んでいた新潟県長岡市のご当地ラーメン。甘めのスープに、高知県産の生姜の味が効いている。麺は硬めの細麺とモチモチと柔らかい太麺から選べる。

そんな同店が考案したメニューは「牛骨らーめん(牛すじのせ)」(1000円/1日25杯限定)。限定ラーメンはよく登場するという同店だが、牛骨を使うのは初。トッピングには、北海道産牛の牛すじがたっぷりのる。スープも同じく北海道産の牛骨のほか、野菜からもダシを取り、飲みやすさを追求。牛骨のこってりとした旨味を感じる、まろやかな味わいだ。

店主・玉山俊春さんは「牛骨ラーメンは初めての試みです。楽しみにしていてください!」と話す。提供期間は8月19日(水)〜24日(月)のみなので、この機会に特別な一杯を味わおう。

<らーめん 心繋:住所:札幌市豊平区月寒東5-8-5-12 / 時間:11:00〜14:50、17:00〜20:30(各LO) / 休み:火曜(祝日の場合翌日)>

限定麺ラリーは2020年8月まで開催。食べる際に各店からもらったシールを台誌に貼り、10店舗すべてのシールをコンプリートすると、抽選で50人にラーメンWalkerプレミアムレンゲが当たるプレゼントキャンペーンに応募可能。ラーメン好きにはたまらない本企画に、ぜひ参加しよう。詳細は発売中の「ラーメンWalker北海道2020」をチェック!

※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker北海道2020」の持参が必要(1人1冊、電子版不可)。開催時当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニューの内容、金額、食べられる杯数(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。