エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

写真拡大

露メディアに思い明かす「プログラムはバランスの取れたものを願う」

 フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権覇者、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が、女子の年齢制限引き上げに賛成であることを明かした。ロシアメディアが報じている。

 トゥクタミシェワの考えを伝えているのは母国放送局「ロシアトゥデー」だった。「『私は女性の成熟した滑りを見たい』と女子フィギュアの年齢制限引き上げに賛成であることを話す」と見出しを打ち、記事を掲載している。

 同メディアは「唯一の10代以外で4回転を跳ぶトゥクタミシェワは、現在15歳のシニアの年齢制限を引き上げるという考えに賛成の態度であるということを明かした」と記し、23歳の言葉をこう伝えている。

「私は女子フィギュアの年齢制限の引き上げに賛成です。なぜなら、私にとってフィギュアスケートは壮大で美しいものであるべきだと考えているからです。スケーターのプログラムは演技力と技術のバランスの取れたものであることを私は願います。私は女性の成熟した滑りを見たいのです。だから年齢制限の引き上げは良い考えだと思います」

 同メディアにこう語ったというトゥクタミシェワ。ロシアはトルソワ、シェルバコワ、コストルナヤのほか、世界ジュニアVの14歳ワリエワや11歳で3回転アクセルを成功させたジリナなど、若き才能が次々と台頭。同国内には世代交代が早すぎるといった意見もあり、シニアの年齢制限の引き上げに関する議論も同国メディアで度々報じられていた。(THE ANSWER編集部)