トヨタ自動車とAmazon Web Services(AWS)は8月18日、トヨタの「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、AWSの幅広いサービスポートフォリオを活用することを目的に、グローバルでの業務提携を拡大すると発表した。

MSPFとは、モビリティサービスに必要な様々な機能をAPIを介してモビリティサービス事業者に提供するオープンなプラットフォーム。

トヨタのMSPFの概要

トヨタは、コネクティッドカーの普及に伴い、MSPFとAPIを介し、コネクティッドカーから収集した車両データの車両の設計開発へのフィードバックを実施している。また、カーシェアやライドシェア、車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険などのサービスとも連携させ、車両データに基づくモビリティサービスを提供している。

今回の提携拡大により、AWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで、将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する。

包括契約の適用範囲をトヨタグループに広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟かつ安全に活用できる基盤を構築する。