SNS広告の中でも、拡散されやすく、高い広告効果が見込めるTwitter(ツイッター)広告。本稿では、Twitter広告のそれぞれの特徴を解説した上で、どのような広告効果が得られ、どれぐらいの費用が発生するかについて簡潔に紹介していきます。

得られる効果が求める成果に合っているのか、予算との兼ね合いを比較検討しながら、適した広告手法を見つけていきましょう。

3種類のTwitter広告を簡単に説明

Twitter広告にはプロモツイート・プロモアカウント・プロモトレンドの3種類があり、それぞれ掲載される場所や期待できる効果が異なります。まずは、3種類の広告それぞれの特徴を簡単に説明します。

3種類のTwitter広告の特徴は?

○1.プロモツイート

プロモツイートとは、一般ユーザーのツイートと同じように表示される広告です。文字・画像・動画を使うことができ、ツイートの下部に「プロモーション」と表示されます。

○2.プロモアカウント

プロモアカウントとは、「フォロワーの増加」を目的とした広告です。

タイムラインや、「おすすめユーザー」の枠、検索結果画面など、さまざまな場所に表示されます。プロモトレンドやプロモツイートと同様に、このおすすめには「プロモーション」というラベルが付けられます。

○3.プロモトレンド

プロモトレンドは、PCの場合「#話題を検索」タブ、SPの場合は検索画面にある「トレンドリスト」の上部スロットに24時間掲載できる広告のことです。

Twitterユーザーが頻繁に目にする位置に掲載されるため、多くのユーザーにアプローチできることが特徴です。

以上、3種類のTwitter広告について説明しました。次に、それぞれの広告の特徴を紹介します。

「プロモツイート」の特徴は?

プロモツイートの特徴やメリットについて紹介します。

プロモツイートの仕組みとは?

○タイムラインに表示されるため、目に留まりやすい

プロモツイートは、タイムラインに「プロモーション」と表示されているツイートを表示できるというもの。その見た目は、一般的なツイートとあまり変わりません。Twitterユーザーが目にするタイムラインの中に表示されるため、自然に目に触れさせ、広告効果を期待できます。

○リツイートや返信・いいねをつけられユーザーSNSで拡散できる

プロモツイートは広告ではあるものの、ユーザーはそのツイートに対して、一般的なツイートと同じように「いいね」をつけたり、RT(リツイート)をしたり、リプライをしたりできます。

そのため、ユーザーに刺さる広告を打つことができれば、自然に拡散が起こる可能性もあり、口コミと同じように広がりやすいという特徴を持っています。

○使い方次第で「バズ」による宣伝効果がでることもある

プロモツイートでは、ユーザーがツイートに反応できるようになっているため、会社とユーザー、さらにはユーザー同士の会話が生まれることも多く、話題に上がりやすくなります。

コメントやRT、いいねの数が盛り上がることでトレンドワードに上がる可能性もあるため、思わぬ宣伝効果につながるケースもあります。

○広告のクリックやアプリのダウンロードに対して課金

「広告出稿が無料」というのもプロモツイートの特徴の一つです。

無料で広告を出し、ユーザーがそのツイートに対して、「クリックする」「クリックしてアプリをダウンロードする」「いいねを付ける」などのアクションを行った際に費用が発生する仕組みになっています。

「プロモアカウント」の特徴は?

次に、プロモアカウントの特徴やメリットについて紹介します。

プロモアカウントは、ユーザーに運用アカウントのフォローを促す広告です。フォローしてもらうことで、今後情報発信したときにユーザーの目に留まりやすくなります。

フォロワーを増やしたいときにおすすめの広告です

○現在フォローしていないアカウントにのみ表示される

プロモアカウントが表示される対象は、対象となるアカウントをフォローしていないユーザーです。運営アカウントに興味を持ちそうなユーザーにフォローを促すことで、アカウントを知ってもらうきっかけに、またそれ以降のツイートを見てもらうきっかけになります。

○Twitterのさまざまな場所に表示される

プロモアカウントは、フィードやおすすめユーザー欄、検索結果などに表示されます。Twitterを見ている人の目に留まりやすい場所に表示され、注目を集めやすいです。

○フォロワー数を増やすとより多い人数にプロモーションしやすくなる

プロモアカウントの最大の目的は、フォロワー数を増やすこと。当たり前の話ですが、フォロワーが増えると、フォロー後のツイートがより多くのユーザーの目に留まることとなります。

○料金はオークション制

プロモアカウントの費用はオークション制で、一定ではありません。自動入札にすることも可能で、細かい設定をせずとも広告を活用できます。また、広告キャンペーンの期間と予算を設定して、希望する予算や期間でプロモーションが可能です。

「プロモトレンド」の特徴

最後に、プロモトレンドの特徴やメリットについて紹介します。

プロモトレンドにはかなりの費用がかかりますが、その分のリターンが見込めます

○ユーザーに見られる頻度が高い

Twitterを頻繁に使用する人なら、リアルタイムで話題になっている情報を追える「トレンドリスト」を一日に何度もチェックする人は多いです。

プロモトレンドは、トレンドリストの上部の目につく所に24時間表示される広告。そのため、Twitterユーザーの目に触れやすいという特徴があります。

○フォロワー以外にもアプローチするのも目的のひとつ

プロモトレンドは、自社アカウントをフォローしていない人も含めて、多くの人にアプローチできる広告です。そのため、幅広い層に自社商品の購入やキャンペーン・セール利用を促したいときに効果的です。

○「ファーストビュー」と組み合わせて効果アップ

ファーストビューとは、ユーザーがその日初めてTwitterを見たときに、タイムラインの上部に動画入りの広告ツイートが表示されるタイプの広告です。ファーストビューと組み合わせることで、よりユーザーの目線に触れやすくなります。

○費用はかかるが、多くの人にアプローチ可能

プロモトレンド枠の購入には数百万以上の費用がかかります。ただし、Twitter上のかなり目立つ位置に一日中表示されることから、高い広告効果・拡散効果に寄与することでしょう。なお、この枠を購入する場合には、Twitterの営業担当に問い合わせる必要があります。

Twitter広告の種類を理解し、自社に合う広告戦略を

以上、3種類のTwitter広告について紹介しました。

それぞれの広告の掲載場所や費用は異なり、ターゲットを絞って情報を届けられるものから、大規模プロモーションに適したものなど、用途による使い分けが可能です。

Twitter広告の利用を検討する場合には、今回説明した3種類の広告についての理解を深め、効果的なプロモーションを行えるようにしましょう。