高橋メアリージュン

写真拡大

「私の家政夫ナギサさん」(TBS)の第6話(8月11日放送)の視聴率は16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、後半に入って右肩上がりに数字を伸ばしている。主演の多部未華子はじめ、大森南朋、趣里、眞栄田郷敦などクセのある役者が並ぶ中、ひときわ目立つのがフィリピンハーフの高橋メアリージュン(32)である。

 ***

【写真】高橋メアリージュン&高橋ユウ、滋賀弁丸出しのぶっちゃけトークも高評価

 民放プロデューサーも舌を巻く。

「『わたナギ』が放送されている火曜ドラマ枠は、これまでも『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ』(16年10月期)、『ぎぼむす(義母と娘のブルース)』(19年7月期)、『恋つづ(恋はつづくよどこまでも)』といったヒットドラマがありましたが、いずれもシリーズ中盤から視聴率が上がり出す“右肩上がり現象”が特徴です。『わたナギ』は本来4月ドラマでしたが、コロナで7月7日スタートとなりました。初回視聴率は14・2%の好発進でしたが、4月ドラマが揃って始まった頃だったので、ご祝儀程度と思っていました。案の定、第2話は12・8%、第3話は12・7%、第4話は12・4%と下げましたからね。しかし、第5話で14・4%と盛り返し、6話で16・0%に。実はこの伸び方、先ほど挙げた『逃げ恥』や『ぎぼむす』『恋つづ』を上回る上がり方なんです。このまま行くと、最終回では20%超えもあり得ますね」

高橋メアリージュン

「半沢」を超える勢い

 言うまでもないが、「半沢直樹」(TBS)は視聴率20%以上を出し続けている、今シーズン最大のヒットドラマだ。このままいけば「わたナギ」が肉薄するという声も。

「いずれにせよ、キャリアウーマンが家政夫に振り回されるハートフルラブコメディで、これだけの数字を取っているのは大したもの。『半沢』のキャスティングも濃いですが、『わたナギ』も負けていません。昨年は『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日)で暴言吐きまくりのパワハラドクターを演じた大森南朋など『半沢』に出ていてもおかしくないほどですが、他にも水谷豊の娘の趣里、8月7日に山本美月と結婚したばかりの瀬戸康史など話題性がある。中でも光っているのが高橋メアリージュンでしょう」(同)

演技力もある苦労人

 フィリピン人の母と日本人の父を持つ高橋は、モデル出身だが、バラエティやドラマ、映画、CMでもよく見かける。

「日本人好みの濃いめの顔立ち。妹のユウと共に、バラエティにも滋賀弁丸出しのぶっちゃけトークで喜んで出演してくれるので、スタッフからの評判も良い。女優として注目されたのは、14年の映画『闇金ウシジマくん Part2』では、主演の山田孝之のライバルとなる女闇金経営者を演じて、観客を震え上がらせました。同じ年の『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』では、藤原竜也の愛人で世話役を務める妖艶な美女役で、武井咲や蒼井優、土屋太鳳ら蒼々たる面々に交じって存在感を発揮しました。『ウシジマくん』ではその後のドラマ、映画でも同じ役で起用されましたから、ファンの評判も良かったのでしょう」(同)

 高橋は18年、19年と連ドラ4本に出演。今年も「わたナギ」以前に、「オペレーションZ〜日本破滅、待ったなし〜」(WOWOW)、「行列の女神〜らーめん才遊記〜」(テレビ東京)に出演している。美人で演技ができるとなれば引っ張りだこになるのも分かる。

「それともう一つ、彼女が重宝されるのは、事務所がうるさくないし、ギャラも高くないからというのもあるんです。高橋姉妹が所属するエイジアプロモーションは、業界では中堅の芸能事務所です。読者モデルにはじまり、身につけたものがことごとく売れて“100億円ギャル”とまで呼ばれた益若つばさが初期から所属していることで知られています。最近では、モノマネタレントのりんごちゃんも所属(業務提携)しています。彼女もテレビよりも営業が収入のメインでしょう。つまり、この事務所は、テレビの出演料以外で稼ぐ術を知っているのです。高橋姉妹も多くのCMに出演していますから、テレビは出られるだけで宣伝になりますからね。だからギャラや露出の仕方に一切口を挟まない。日頃、強面の事務所ばかり相手にしているプロデューサーにとっては、“一服の清涼剤”と言ってもいいほどありがたい存在なんです」(同)

 そういえば、ラジオのレギュラー番組の生出演中に、番組降板を直訴した“リアル峰不二子”こと小倉優香もエイジアだったような。

「そうです。“降板テロ”とまで呼ばれた事件でしたが、これも事務所の放任主義が生んだ、あだ花かもしれません」(同)

 高橋姉妹は大丈夫か。

「彼女たちは問題ありません。子供の頃に父親の会社が倒産して、大借金をかぶり、姉妹はもちろん、Jリーガーの弟・高橋祐治らは、今も借金返済のために両親にお金を送っているそうです。加えて、メアリーは20代で難病の潰瘍性大腸炎、子宮頸がんを患うなど、ああ見えて苦労人です。いたずらに仕事を放り出すような子ではないですよ」(同)

 所属事務所では、高橋姉妹が稼ぎ頭なのだろうか。

「益若は今も人気がありますからね。ただ、事務所としてはメアリーに主力を移しつつあるのでしょう。あの事務所の営業活動って面白いんですよ。コロナ禍の中でも、所属タレント20人ほどが掲載されたカタログと言うよりも“チラシ”を持ち歩いて、テレビ局内で売り込むんですけどね。最近もらったチラシの筆頭はメアリーでした。小倉の降板テロで傷ついた事務所の汚名返上のためにも、彼女は今後ますます働かないといけないかもしれませんね」(同)

 くれぐれも体には気をつけて。

週刊新潮WEB取材班

2020年8月18日 掲載