カナミックネットワーク(3939)、株主優待の内容を 「旅行券」⇒「JCBギフトカード」に変更! 100株以上の 株主10名に、抽選で20万円分のギフトカードを贈呈!

写真拡大

 株式会社カナミックネットワークが、抽選式の株主優待の内容を変更することを、2020年8月6日に発表した。

 カナミックネットワークの株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主の中から抽選で10人に『旅行券』20万円分を贈呈。100株以上を1年以上継続保有する株主の中からも抽選で3人に『旅行券』20万円分を贈呈(ただし、,箸僚妬E選は無効)」というものだった。

 今後も抽選式の株主優待が行われる点に変わりはないが、今期の株主優待については新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、株主優待品を「旅行券」から「JCBギフトカード」に変更するという。

 カナミックネットワークの株主優待の変更は、2020年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主に適用される。なお、来期以降も継続的に「JCBギフトカード」が贈呈されるかのか、「旅行券」に戻るのかは不明。

カナミックネットワークの株主優待の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
9月末 100株以上 抽選で10名に旅行券20万円分
1年以上 抽選で3名に旅行券20万円分
※継続保有期間が1年未満の株主より当選確率が
 アップ。ただし、重複当選は無効。
(変更後)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
2020年
9月末
100株以上 抽選で10名にJCBギフトカード20万円分
1年以上 抽選で3名にJCBギフトカード20万円分
※継続保有期間が1年未満の株主より当選確率が
 アップ。ただし、重複当選は無効。

 カナミックネットワークの株主優待は、新型コロナウイルスの影響で、気軽に旅行しづらい状況が続いていることから従来の「旅行券」から「JCBギフトカード」に変更された。全員もらえるわけではなく抽選式なので、株主優待のみを目的としている個人投資家は少数だろう。競争率は高そうだが、当選すれば20万円分のギフトカードがもらえるので、保有株数が100株なら投資元本は余裕で回収できるので、夢がある株主優待と言えそうだ。

 カナミックネットワークは、介護ソフト・地域包括ケア(医療介護連携システム)などを手掛ける企業。2020年9月期(通期)の連結業績予想は、売上高18億6000万円、営業利益6億1000万円、経常利益6億3000万円、当期純利益4億1000万円。手掛けるクラウドサービスが総務省の情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)の対象に採択されるなど、堅調に伸びる。

■カナミックネットワーク
業種コード市場権利確定月
情報・通信業3939東証1部9月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
780円100株7万8000円0.25%
【カナミックネットワークの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年8月17日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。