首都圏の医療関係者・在勤者を支援する無料宿泊キャンペーンを利用してみた

写真拡大 (全2枚)

新型コロナウイルス感染症の影響で、感染者の増加が多い東京を含め、多くの人が通勤や通学に苦労されています。また、大阪や沖縄での感染者も増加しており、観光事業や宿泊施設への影響も大きくなっています。

そんな中、東京のホテルで無料宿泊キャンペーンを実施しているホテルがありましたので、利用してみました。

そのホテルは、日本橋小舟町の住庄ホテルです。ホテルの公式Twitterにて、無料宿泊キャンペーンの告知が7月30日に行われました。

「お知らせ:8月3日から自粛再開に伴い当ホテルでは少しでも皆様に安全に生活して頂けるように無料宿泊キャンペーンを開催することに致しました。満員電車に乗って通勤を強いられている方や医療関係者の皆様是非当施設をご利用下さい。期間は現時点で8月31日までを予定しております。続く」


無料宿泊キャンペーンの実施期間は、8月3日から8月31日まで予定されています。
利用条件は、電話予約を事前に行うことや、この無料キャンペーンに関してTweetすることなどがあります。
また、キャンペーンの主旨から、首都圏在住・在勤の方を優先するため、一部のお客様にキャンペーンを適用しない場合があるそうです。

筆者は、都内在住で都内在勤であったので、住庄ホテルの無料宿泊キャンペーンに申し込みをしてみました。電話にて、平日夜の一泊の申し込みです。Twitterの告知を見た旨を伝えたところ、無事に予約ができました。


住庄ホテル

住庄ホテルの外観は和風な感じです。部屋は和室もあるようですが、筆者が泊まったのは通常の洋室のシングルルームでした。館内は、Wi-Fiや有線LANも完備しており、テレワークなどの作業も十分できます。
また、大浴場がありますので、ゆったりと入浴もできました。


部屋でテレワークの様子

住庄ホテルのキャンペーンは、首都圏の在勤、在住者、医療関係者へ方々を想定した応援、支援のということですが、住庄ホテルさん自身も宿泊施設として営業が大変な中で企画をされたことは素晴らしいと思います。

キャンペーンを利用するには条件こそありますが、キャンペーンに参加された方は、応援へのお礼の気持ちも込めて、Twitterでコメントもぜひ寄せてください。

お知らせ 住庄ホテル<
住庄ホテル


執筆 伊藤浩一