記事広告は、タイアップ広告とも呼ばれるWeb広告手法の一つです。Web広告にはさまざまな種類がありますが、記事広告には記事広告ならではのメリットがあり、効果的なケースで利用すると、CV(コンバージョン)数のアップにつなげることができます。

今回は、記事広告の基礎知識として、記事広告の概要とメリット、活用事例について解説します。記事広告の基本的な書き方や費用相場についてもまとめていますので、Web広告に記事広告を採用するかどうかを検討する際、参考にしてください。

そもそも記事広告とは?

記事広告とは、雑誌やWebメディアに、通常の記事と同じ形式で、違和感のない形で提供される記事型の広告です。Web広告の一つとして活用される以前から雑誌でも行われてきた広告手法で、Web広告の中では「ネイティブ広告」の一種に位置づけられています。

広告主がWebメディアとタイアップして記事を作成・掲載するため、「タイアップ記事」「タイアップ広告」と呼ばれることもあります。また、特徴として、記事広告には必ず「PR記事である」という表示がなされる点も覚えておくとよいでしょう。

記事広告には、記事のどこかにPR/広告/AD/Sponsoredといった、「PR記事である」ことを示す記述がなされています

○記事広告の種類

記事広告は、主に以下の種類に分類できます。

記事広告を利用する場合には、その広告でどのような効果を期待しているのかをハッキリさせておくことが重要です。目的・目標を明確に定めることで、「どのタイプの記事を選ぶべきか」「広告掲載を依頼するWebメディアはどこが適切か」といった判断ができます。

目的に沿って、広告の種類や打ち出し方を考えましょう

○他のWeb広告と記事広告との違い

Webメディアの広告枠に表示する広告は、「ディスプレイ広告」や「純広告」などと呼ばれます。こういった形式の広告は、Webメディアのメインコンテンツとは異なるため、ときにはユーザーにストレスを与えてしまうこともあります。

そこで、ユーザー体験の妨げにならないように考えられた広告形式が、記事広告の属する「ネイティブ広告」です。

ネイティブ広告は、Webメディアの一記事として提供されるものであり、メインコンテンツと同等の扱いとなります。ユーザーは自然な形で広告を読み進めることができ、ストレスなくWebメディアでの体験を楽しむことができます。

そのため、記事広告を掲出する場合には、広告商品のイメージと相乗効果のあるWebメディアを選択するのが重要です。

適切なWebメディアを選択することで、そのメディアに習慣的に触れている読者に情報を届けられるため、内容を受け入れてもらえる可能性も高くなり、CV数のアップが期待できます。

記事広告のメリット

次に、記事広告のメリットについて説明します。以下の3点のメリットを知っておくとよいでしょう。

○1.記事広告単体で理解を伴った認知を得られる

記事広告の情報量はとても多く、記事単体で、商品を認知させ、興味を引き、購入に至るまでの一連のストーリーを組むことができます。一つのコンテンツだけで、宣伝内容に対する理解を伴った認知を得られる点は、記事広告ならではのメリットです。

○2.コミュニケーションスピードが速い

普段から、広告内容と近いイメージの情報を扱うWebメディアに記事広告を掲出した場合、読者が広告記事をクリックしたタイミングではすでに、その読者は記事の情報に「興味を持っている」状態にあります。

通常なら、まず「広告に気づいてもらう」のにひと苦労します。しかし、適当なメディアに広告を設置することができれば、読者の「認知」段階を飛び越し、すぐに記事の内容に触れてもらえます。そのため、コミュニケーションのスピードが速いです。

○3.検索上位を狙いやすい

記事広告は、SEO対策がしやすい点もメリットです。掲載するWebメディアがすでにSEOに強いサイトであれば、検索上位を狙いやすくなります。記事がGoogle検索で上位に入るようになると、クリックされる確率が高くなり、より多くの読者に、より長期にわたって情報を届けることができます。

記事広告のデメリット

記事広告の良い点ばかりを説明してきましたが、記事広告にはデメリットも存在します。以下の3点に注意しましょう。

記事広告のデメリットとは?

○広告を出すまでに時間がかかる

記事広告を企画し、作成、掲載するまでの一連の流れには時間がかかります。

記事広告の作成にあたっては、掲載メディアにデザインや文調を合わせる必要がありますし、記事執筆、記事内容の確認や校正などの手間もかかるため、完成までの時間は長めに見積もっておく必要があります。

○費用がかかる

記事広告にはそれなりの初期投資が必要です。ライターに記事を発注するとなれば原稿料がかかりますし、場合によってはデザイン費用や撮影費用なども発生します。

媒体イメージに合わせた記事作成にはそれなりの時間がかかり、かかった時間相応の費用もかかることを覚えておきましょう。

○広告対象は主に「メディア来訪者」

記事広告の対象者は、主にメディア来訪者に限られます。しっかりとしたSEO対策を行っていれば検索エンジンからの流入も見込めますが、そうでない限りは、検索流入はほとんどないと考えてよいでしょう。

もちろん、SNS広告を活用して記事広告をより多くの人に届ける――といったこともできます。「メディア来訪者に情報を届けるだけでは母数が足りない」「目標数値に届きそうにない」といった場合には、そうした手段も視野に入れておくとよいでしょう。

記事広告の利用に効果的なケースと活用事例

記事広告の利用に効果的なケースとして、顕在層への啓発(ブランディングや商品への理解促進)と販売促進の2ケースを取り上げます。記事広告の活用事例を紹介しますので、実際の記事広告はどのようなイメージなのかを確認しましょう。

記事広告を利用する際に効果的なケースを覚えておきましょう

○顕在層への啓発

すでに自社ブランドや商品を知っていて、興味を持っている読者(顕在層)に向けてのPRが目的の記事は、多くのメディアで見かけます。Webメディアのイメージと広告主のブランドイメージの相乗効果で、自社ブランドに対する理解をさらに進めるタイプです。

○販売促進

商品やサービスの販売を目的とした記事。商品やサービスへの送客を目的としており、広告の効果を測定しやすいタイプです。

記事広告の基本的な書き方

以上、記事広告の目的や種類について紹介しました。ここからは、記事広告の書き方について紹介します。以下、記事広告の書き方について、押さえておきたい4つのポイントをまとめました。

記事広告でおさえておきたい4つのポイント

○ターゲット層を決める

記事広告を作成するにあたって、まずはターゲット層を決めましょう。年代、性別、家族構成、勤務形態などといった情報を具体的にイメージします。

アピールしたい商品を購入するメイン客層が分析できていれば、その層をターゲットにしてもいいでしょう。ターゲット層が決まれば、広告の出稿を依頼するWebメディアも自然と絞られます。

○タイトルにベネフィットを盛り込む

記事のタイトルは、ユーザーが記事をクリックするかどうかを判断する重要なポイントです。その記事を読むことで、ターゲット層のユーザーにどのようなベネフィットがあるかをわかりやすく伝えましょう。

○具体的な数字と一次情報を基に書く

記事の内容に信憑性を持たせるためには、事実を正しく伝えることを意識しましょう。具体的な数字、一次情報を示しながら書くと効果的です。

掲載メディアのイメージによって文調は変わりますが、特に商品のベネフィットを解説するには、具体的な数字をベースにする方が説得力を持たせられます。

○図表や画像でわかりやすく

適切な場所に図表や画像を置き、視覚的にわかりやすくまとめましょう。

記事のアイキャッチ画像は、タイトルと同じぐらい、記事流入に影響を与える重要な画像です。また本文中で、数値などの表でまとめた方がわかりやすい内容を扱う場合には、可能な限り表にするとよいでしょう。

Web広告の費用相場と記事広告の費用

Web広告のうち、代表的な広告の種類が採用している料金の相場と主な広告例を、記事広告も含めて表形式で紹介します。

【注意】記事広告を出すなら気にすべき2つのこと

最後に、記事広告を出す場合に注意すべき2つのポイントを解説します。

記事広告を出す際には以下のポイントを押さえましょう!

○「ステルスマーケティング(ステマ)」と思われないように注意を

PR表記のないターゲット広告は「ステルスマーケティング」と呼ばれ、炎上の原因になります。記事広告を出す場合には、PR表記は必ずわかる形で掲示するようにしましょう。

先に、記事広告はネイティブ広告の一種であり、掲載メディアに溶け込んだデザイン・機能で出稿すると説明しました。

だからこそ、「この記事はPRである」という表記をしないと、ユーザーを混乱させてしまう可能性があります。そのコンテンツが広告なのか、広告ではないのかをしっかりと示し、ユーザーに「望んでいない商品を押し付けられた」という負のイメージを持たれないようにしましょう。

○タイアップメディアの選定は慎重に!

記事広告の成功のカギは、「掲載メディアの選定」です。掲載メディアの読者層が、宣伝したい商品・サービスのターゲットイメージに合っていれば、高い宣伝効果を見込めることでしょう。

しかし、メディアと宣伝商品のターゲット層が違うと、記事のデザインや文調をいくら合わせても、記事の内容に違和感が出てしまいます。その結果、ユーザーは広告記事に違和感を覚え、ユーザー体験を妨げてしまう可能性もあります。

記事広告を効果的に活用しよう

以上、記事広告について紹介しました。記事広告は「読者に多くの情報を伝えられる」という強みを持ち、ブランディングや販売促進などの目的に利用すると効果的です。

記事広告に限らず、そのほかのWeb広告についての理解を深め、広告したい商品や目的に応じて、適切な広告手法を選択できるようになりましょう。

広告の種類に応じて費用は異なります。適切な広告手法を選択しましょう