30代からのお肌のくすみやクマの改善方法を徹底解説!

写真拡大 (全5枚)

目の下のクマ、諦めていませんか?睡眠時間が短かったり、仕事や家事で疲れていたりなどが原因で、一時的に目の下にクマができることがありますよね。また、定着してしまいなかなか治らないクマもあります。そこで今回は、クマのタイプ別にケア方法を解説します。

そもそも、お肌のくすみやクマの原因って?

出典:byBirth

目の下のクマには、種類があります。目の下が青っぽく見えるクマは、「青グマ」と呼ばれているもので体質的な要因が大きく、子供にもできるクマです。なかなか治らない定着している「黒グマ」や「茶グマ」は、加齢によるたるみが原因です。加齢が原因で、皮膚のハリをもたらすコラーゲンが減少することで、下まぶたの皮膚がどんどん薄くなりたるんで影ができるので、目の下が黒く見えます。

また、目の下は、メラニンができやすく、黒ずみやすい部位です。色素沈着によって茶色くクマに見えることもあります。

まずは、ご自身がどのクマのタイプなのかを見極めていくことが必要です。クマの簡単な見分け方をご紹介します。

クマの種類の見分け方【青グマ】

青グマは、目の下が青く見えるクマのことです。目の下を軽く下に引っ張った時に、目立たなくなる場合は、青グマの可能性が高いです。コンシーラーで簡単に隠すことができます。

クマの種類の見分け方【黒グマ】

黒グマは、皮膚のたるみによって、目の下が黒く見える状態の事です。鏡をもって天井を向くとクマが目立たなくなる場合は、黒グマの可能性が高いです。コンシーラーで隠すことが難しいのもこのタイプです。

クマの種類の見分け方【茶グマ】

茶グマは、目の下のシミ(色素沈着)によって、茶色く見える状態の事です。目の下を引っ張っても、上を向いても変わりません。茶グマは、コンシーラーで隠すことができます。

くすみにもシミにも効果のある化粧品ってあるの?

出典:byBirth

結論として、くすみにもシミにも効く化粧品はありません。なぜなら、くすみもシミもお肌の加齢によって現れる症状ですが、原因が異なるからです。

お肌のくすみは、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れによって角質が厚くなることで起こります。一方、シミは、メラニンの増加によって発生します。従って、シミ対策で一般的に使用する化粧品に含まれているメラニンの増殖を防ぐ美白成分では、くすみを解消することができません。

しかし、お肌全般の悩みに効果が期待できる成分はあります。それは、「ビタミンC誘導体」や「レチノール」です。「ビタミンC誘導体」や「レチノール」は、皮膚への弾力をもたらすコラーゲンを増やす効果が期待できます。健やかなお肌を保つためには、「ビタミンC誘導体」や「レチノール」が配合されている化粧品でのケアは必要不可欠です。

クマのタイプ別!ケア方法を徹底解説!

出典:byBirth

クマのタイプ別に、必要なケア方法は異なります。そこで、クマの種類とケアポイントを解説します。

青グマのケア方法

青グマは、下まぶたの血液が透けて見える状態です。血液の流れが滞ると、青く見えてしまうのです。従って、コラーゲンを増やし、血行をよくするケアが効果的です。

青グマは、寝不足により悪化します。また、色白の人に多いことが特徴です。正しいケア方法は…運動をし、禁煙をする。冷たいものを避けて、体を温める食事をする。クマに効くツボ押しをする。週に1、2回ピーリングをする。レチノール配合の化粧品を使用する。

茶グマのケア方法

茶グマは、小さなシミが集まり角質が厚くなった状態です。アレルギーで目の下をよくこすったり、湿疹ができやすい人に多いのが特徴です。

原因はメラニンなので、シミ対策のように美白ケアをしましょう。正しいケア方法は…「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」が配合された美白化粧品で美白ケアを行う。週に1、2回ピーリングをする。目の下をこすらないように意識する。

黒グマのケア方法

黒グマは、加齢により下まぶたの皮膚がたるみ、前にでてきた状態です。この皮膚のたるみの影によって、目の下が黒く見えます。お顔が浮腫みやすい人に多いことが特徴です。

黒グマは、皮膚のコラーゲンを増やし、浮腫みを解消するケアを行いましょう。正しいケア方法は…週1、2回ピーリングをする。目元から頬のマッサージを行い、浮腫みを解消する。レチノールが配合されている化粧品を使用する。黒グマは、たるみがなくならないと改善することができないので、美容クリニックでのたるみ治療が必要。

くすみ・クマ改善には、お肌の老化予防を!

出典:byBirth

いかがでしたか?今回は、目の下のクマの改善方法を解説しました。

クマは、疲れていたり、寝不足が続いていたりすることが原因であると思い込んでしまっていることが多い為、正しいケアができずに悪化してしまう人が多い症状です。なかなかクマが治らない方は、ご自身のクマのタイプをチェックして、ケア方法を見直しましょう。

青グマのように、血行不良が原因のクマもありますが、30代からのクマは、加齢が原因の場合が多いです。クマは、一気に見た目年齢を加速させます。クマがあると疲れたような顔になるので、表情も暗く見えてしまいます。今一度、ケア方法を見直して、若々しい見た目を手に入れませんか?