ファン・ジョンミン&イ・ジョンジェ&パク・ジョンミン、映画「ただ悪から救ってください」撮影秘話とグラビアを公開

写真拡大 (全5枚)

映画「ただ悪から救ってください」の主演俳優、ファン・ジョンミンとイ・ジョンジェとパク・ジョンミンのグラビアが公開された。

ファッション誌「Harper's Bazzar」が公開したグラビアで3人は、カリスマ性とともに“ブラザーケミ”(ケミストリー、相手との相性)を完成して目を引いた。

インタビューでファン・ジョンミンは、本作のアクションシーンについて、「銃撃シーンは、実際に撃ち合いながら撮影した。本来アクションの撮影では“ふり”をする。殴られるふり、殴るふり。カメラで騙し騙すのだが、今回の映画では本当に殴り、殴られた。アクションではなく、ケンカに近かった。もう二度としたくないと思うほど」と言って笑った。

今回の映画で、華やかなビジュアルを披露することになったイ・ジョンジェは「レイ(役名)がなぜここまで執拗に追うのかに関する情報が、劇中にはほとんど出てこない。なので、最初のシーンから観客に信頼を与えなければならなかった。何の説明もなく、レイの目を見た観客が、『ああ、あの人はこうだと思う』と考えることができるように。だから今回の映画で、私が頼れるところといえば、ビジュアルしかなかった」と明かした。

ベールに隠されたキャラクターを演じたパク・ジョンミンは、シナリオを読んだ当時を回想しながら「とても面白いハリウッド映画を観たような感じだった」とし、「(キャスティング確定後)イ・ジョンジェ先輩から、この作品に出演することになったと電話をいただき、感動した」と述べた。

これに対し、イ・ジョンジェは「ジョンミンのキャラクターはかなり難易度が高いと思った。観客からどのような評価を受けるのか、役者としての悩みが多かったそうだが、出演すると言ったというので立派だと思った。難しい決断であっただろうが、キャラクターを非常に立派に演じ切っていた」と絶賛した。

「ただ悪から救ってください」は韓国で絶賛上映中だ。