Picture in Pictureとは

これまでiPadOSが提供するマルチタスク機能として、ワークスペースに2つのアプリを表示する「Split View」、ワークスペースの上にもう1つiPhoneのスクリーンをかぶせるような「Slide Over」を紹介した。これらは組み合わせて使うこともできる。似たような機能だが得手不得手があり、この2つの機能を使いこなすだけでもiPadの作業効率は大きく向上する。

今回は、同類のマルチタスク機能として「Picture in Picture」を取り上げる。この機能はビデオ再生だけを「Slide Over」のように扱う機能だ。ビデオを見ながらほかのことができる、といった感じで説明されることが多い。しかし、仕事をする上で「ながら見」するのは効率が悪いというか、イラつくだけで便利なシーンはあまりない。

「Picture in Picture」が本領を発揮するのは、ビデオを見ながら別の作業をしなければならないシーンだ。そんなシーンがあるのかと思うかもしれないが、結構ある。逆に言うと、この機能が使えないと特定の用途では致命的に不便というか、iPadだけでは作業が完結せず、物理メモ帳やらノートPCやらを併用しなければいけなくなる。Picture in Pictureが使用できるとiPadで完結するようになるので、とても重要な機能なのだ。

Picture in Pictureの利用シーン

まず、次のスクリーンショットを見てほしい。このスクリーンショットの左上に浮いているビデオがPicture in Pictureで表示させているものだ。メモアプリの上で動画が再生されている。

メモアプリの上でビデオを再生しているところ

この機能は縦でも横でも機能する。試しにiPadを縦にすると次のようになる。

Picture in PictureはiPadが縦でも横でも使用できる

Picture in Pictureは「ビデオを見ながら他のことをする必要がある」ケースで本領を発揮する。例えば、カンファレンスのセッションビデオを見ながら、発表内容をメモアプリにメモしていくといった使い方だ。上記の2つはそうした使い方をしているところとなる。

Picture in Pictureは「Split View」と併用できる。例えば、次のスクリーンショットはビデオを見つつ、スクリーンショットを画像編集しつつ、メモアプリにそれらをまとめているところとなる。Split Viewだけではこうした作業をすることはできず、どこかでワークスペースを切り替える必要が出てしまう。Picture in Pictureを使えば1つのワークスペースを使い続けながらこうした作業を行うことができる。

ビデオを見つつ、さらに2つのアプリを使っているところ

この使い方は結構便利で、例えばビデオを見ていて、そこで挙げている論文を読みたくなったら、画像編集のアプリをWebブラウザに切り替えて論文を検索し、その論文を参照しつつビデオを見て、その内容をメモに落としていくといったことができる。

ビデオを見つつ、論文を参考にしつつ、さらにメモを書いている様子

ビデオは時に音声だけを聞くことができればよい。その場合は、次のようにサイドに仕舞うことができる。アプリの邪魔になった時はこんな感じで仕舞っておけばよい。

Picture in Pictureのビデオはサイドに仕舞うこともできる

Picture in Pictureのビデオはそれ単体で独立しており、次のようにワークスペースを閉じてホームを表示させることもできる。この状態でもビデオは再生を続けている。

ホームにPicture in Pictureの動画を表示させたところ

Picture in Pictureで表示できるビデオは四隅(上左、上右、下左、下右)のどこかに置いておくことができるほか、サイズもある程度変更可能だ。邪魔になったら、サッと移動させたり、小さくしたりできる。

Picture in Pictureのビデオは四隅におけるほか、サイズの変更もできる

仕事中にiPadでNetflixを見ながら作業をするというのは、現実的ではないだろう。ビデオに熱中してしまい仕事どころではなくなる。Picture in Pictureを仕事に使う場合、このようにビデオから何等かの情報を得る必要がある状況で他のアプリを併用する必要があるケースが便利、ということになると思う。

最近は、YouTubeなどのビデオで製品発表が行わたり、情報提供が行われたりすることが増えている。そうなると、YouTubeを見ながらメモを取るという作業が必須になってくる。Split Viewでもできるのだが、上記のように3つ同時ということになってくると、Picture in Pictureが本領を発揮するようになる。

Picture in Pictureの使い方

Picture in Pictureは次のように有効化する。まず、ビデオコンテンツの再生を表示する。次のスクリーンショットはYouTubeの例だが、この場合はビデオ右下にある破線の四角をタップする。

破線の四角をタップ

そうすると、次のようにフルスクリーンでビデオが再生される。左上に赤丸で囲ったようなアイコンが表示されるので、これをタップする。これがPicture in Pictureの開始合図だ。

左上の赤丸部分をタップ

すると、次のように右下にビデオ再生だけがポップアップしてくる。YouTubeはビデオ部分だけが抜けたような感じになる。

ビデオだけが独立する

この状態でSafariを終了すると、次のようにポップアップしてきたビデオだけが残る。

ビデオだけホームで再生

この状態でビデオをサイドに仕舞うこともできる。四隅のどこかにある状態で左右近い方の端へクリックすると、次のようにサイドに収まった状態になる。

サイドに仕舞われた状態のビデオ

Picture in PictureはiPadOSに限らず、Webブラウザなども独自で対応しているものがある。ユーザーによってはまったく使わない機能なのだが、ビデオから情報を得てメモするといった使い方をするのなら、Picture in Pictureの機能は必須とも言えるので、ぜひ一度使ってもらえればと思う。

新型コロナウイルスの影響で、前期はリモートで授業を行うという教育機関も多い。配信方法は教育機関ごとにバラバラだが、大抵はビデオを見ながらノートを執るというタスクが発生する。授業を聞きながらWebブラウザで調べ物を同時にやりたいことだって出てくる。そうなってくると、Picture in Pictureが使えると使えないとでは、作業効率に差が出てくる。ビデオとして授業の内容をあとで再生できるならよいが、そうでなければ、聞きながら内容を取りこぼさないように同時にノートは執りたい。Picture in Pictureは使いこなせば強力な機能になる。ぜひ一度トライしてみてほしい。

付録