◆関屋記念で好材料そろう2頭とは?>>

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第12回:セブンサミット

 今から4年前の3歳牝馬クラシックにおいて、強烈な輝きを放ったシンハライト。彼女が繁殖牝馬となって、初めて産んだ子がデビューに向けて調整を重ねている。

 栗東トレセンの石坂正厩舎に所属するセブンサミット(牡2歳/父モーリス)である。


シンハライトの初子となるセブンサミット

 母シンハライトは、現役時代に6戦5勝、2着1回という成績を残した名牝だ。2歳の10月にデビュー戦を快勝すると、2戦目のオープン特別・紅梅S(京都・芝1400m)も勝利。さらに、GIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)も勝って、デビュー3連勝を飾った。同レースでは、宿敵ジュエラーとの叩き合いをハナ差で制し、クラシックの主役候補にも名乗りを挙げた。

 そして迎えた牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)。断然の1番人気に推されたのは、前年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を制したメジャーエンブレムだった。しかし、直線半ばをすぎてからデットヒートを演じたのは、チューリップ賞でも死闘を繰り広げたシンハライトとジュエラーだった。

 直線、馬群の外目から先に抜けてきたのはシンハライト。内のメジャーエンブレムを競り落とすと、残り100mで堂々と先頭に立ったが、道中で後方に構えていたジュエラーが大外から強襲してきて、2頭が並んでゴール板を通過した。

 写真判定の結果、2頭の着差は再びハナ差。今度はジュエラーが接戦を制した。

 だが、シンハライトはすぐにその雪辱を晴らす。クラシック第2弾のGIオークス(東京・芝2400m)で戴冠を遂げたのだ。

 最大のライバルとなるジュエラーが骨折で戦線離脱し、1番人気の支持を得たシンハライト。道中は後方のインを進み、直線を迎えても、かなり後ろに位置していた。そこから馬群に包まれた状態が続いて、残り200m付近でも前が壁になっていた。が、その刹那、狭い隙間を見つけてこじ開けると、一瞬にして馬群を縫って先頭へ。タメにタメた末脚が炸裂して、悲願のタイトルを手にした。

 その後、秋には休養明け初戦のGIIローズS(阪神・芝1800m)を勝利し、GI秋華賞(京都・芝2000m)に向けても視界良好と思われたが、その大一番を前にして屈腱炎を発症。以降、治療を行なうも良化せず、無念の引退となった。

 全6戦のうち、敗れたのは桜花賞だけ。それもハナ差の2着と、ほぼパーフェクトな戦績を残したシンハライト。その初子となるセブンサミットが、デビューを前にして注目を浴びるのも当然である。

 そんなセブンサミットに対して、管理する厩舎スタッフの評価はどうなのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「セブンサミットについては、何度か追い切りを重ねているなかで『スピードの乗りは悪くない』とスタッフ。気性面も気になるところはなく、"かかる"といった心配もないようです」

 また、初子は体の小さな子が生まれやすいが、その点についても、特に不安はないようだ。トラックマンが続ける。

「スタッフによれば、『初子のわりに、体が小さすぎる感じはない』とのこと。距離についても、幅広く対応できると見込んでいます。とにかく、調教を消化するごとに少しずつよくなっている段階で、今後さらに良化していくことが期待されています」 シンハライトの最初の子とあって、陣営の期待も大きいセブンサミット。母に匹敵するような活躍を見られるか。まずはデビュー戦での走りを注視したい。