Visual Studioエンジニアリングチームは8月13日(米国時間)、「Visual Studio Code July 2020」において、クロスプラットフォームのコードエディタ「Visual Studio Code」(以下、VSCode)の最新版となる「July 2020リリース」(バージョン1.48)の公開をアナウンスした。Microsoftは、VSCodeを毎月1回継続的にアップデートしていく方針をとっており、July 2020リリースはその名の通り2020年7月アップデート版となる。

Visual Studio Code July 2020

July 2020リリースにおける主な変更点としては、次の項目が挙げられている。

設定の同期機能(Settings Sync)がプレビュー版から安定版になった

拡張ビューのメニューが、追加のフィルタリングオプションが追加されてシンプルになった

Gitビューのサブメニューがリファクタリングによって改善された

ブラウザ内デバッギング機能が改善されて、 起動設定を書かなくてもブラウザでデバッグできるようになった

GitHubのPrivateリポジトリとPublicリポジトリのどちらに公開するかを選べるようになった

NotebooksのUXがアップデートされて、Cellメニューの追加やドラッグ&ドロップの強化が行われた

新しいRemote Containerのトピックスが追加された

Javaアプリケーション開発のための軽量モードが追加された

Azure Cache用の拡張が追加された

さらに多数の細かな変更が加えられているほか、さまざまなバグ修正も行われている。変更点に関するより詳細な情報は、公式サイトのドキュメントかアップデート時に表示されるリリースノートを参照いただきたい。VSCode June 2020は次のサイトからダウンロードすることができる。

Download Visual Studio Code - Mac, Linux, Windows