Microsoftは8月12日(米国時間)、かねてより発表されていた2画面Android端末の「Surface Duo」について、9月10日より出荷開始する計画を明らかにした。これに関連して、Fossbytesは8月13日、「Surface Duo Will Come With 20 Pre-Installed Google Apps (Bloatware Alert?)」において、Surface Duoには初期状態で40以上のアプリがプリインストールされると伝えている。

2画面Android端末「Surface Duo」

Surface Duoに搭載されるOSはAndroid 10であり、他の多くのAndroid端末と同様に、Google製のアプリセットとMicrosoftによるアプリセットおよびサービスがプリインストールされることになる。Microsoftが公開したSurface Duoの資料には、プリインストールされる予定のアプリのリストも掲載されており、その数は40以上に上る。そのうちのどのアプリが、Surface Duoの動作に影響しないように安全に削除できるのかは明らかではないとFossbytesは伝えている。

Surface DuoにプリインストールされるMicrosoft製のアプリとしては、以下がリストアップされている。

Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Office Lens、PDF readerなど)

Microsoft Outlook

Microsoft Teams

Microsoft OneDrive

Microsoft Edge

Microsoft OneNote

Microsoft To Do

Microsoft News

Microsoft Authenticator

Microsoft Bing Search

Intune Company Portal

LinkedIn

Microsoft Solitaire Collection

Surface Audio

Microsoft製以外のプリインストールされるアプリとしては、以下が挙げられている。

Google Search

Google Assistant

Google Calendar

Google Drive

Google Duo

Google Photos

Google Play Movies & TV

Google Play Store

Google Maps

Chrome

Gmail

YouTube

YouTube Music

Contacts

Messages

Phone

Files

Clock

Calculator

Sound recorder

Spotify

上記に加えて、Surface Duoでは次のアプリがコア機能として搭載されるという。

Dual screen windowing

Adaptive modes

App Groups

Microsoft 365 Feed

Dynamic dock

Universal Search

Adaptive Camera

Microsoft SwiftKey Adaptive Keyboard

Your Phone Companion

上のリストを見てすぐに気づくことは、初期状態で既にGoogle SearchとBing Searchのように似た機能を持った異なるアプリがインストールされてしまうという点だ。このようなアプリはブロートウェア(bloatware)と呼ばれ、ストレージなどのリソースを圧迫する要因にもなるためあまり好ましい状態とは言えないと、Fossbytesは警告している。

Surface Duoの技術仕様の詳細は次のページで確認できる。

Surface Duo Dual Screen Device for Business - Microsoft Surface for Business

価格は1,399ドルからとなっており、当初は米国のみを対象として販売され、米国以外での販売予定は発表されていない。