Windows 10 version 2004へアップデート

Microsoftは2020年5月にWindows 10の最新のフィーチャーアップデート版となる「Windows 10 version 2004」の配信を開始した。まだ配信が始まっていないPCもあるし、すでに配信が行われてアップデートが適用されたPCもある。本連載ではこの数回、自己責任となるが、手動でこの最新版へアップデートする方法を紹介するとともに、アップデート後にストレージ容量を確保する方法について説明した。

Windows 10 version 2004へ手動でアップデートする方法

本連載で「Windows 10 version 2004」へアップデートする方法を取り上げたのは、このバージョンでWSL 2 (Windows Subsystem for Linux version 2)と呼ばれる機能が利用できるようになるためだ。WindowsでLinuxバイナリを実行するためのこの機能の最新版では、Linux側のストレージI/O性能が向上すると考えられている。本連載としてはぜひとも利用したい。

Windows 10 version 2004

ただし、「Windows 10 version 2004」へアップデートすればすぐにWSL 2が利用できるようになるかというと、そうではない。2020年秋に公開が予定されている次のフィーチャーアップデート版「Windows 10, version 20H2」またはさらに1つ先のフィーチャーアップデート「Windows 10, version 21H1」ではMicrosoft Storeから、Linuxディストリビューションをインストールするだけで必要な設定がすべて完了するようになると考えられている。それまでは手動で設定を行う必要がある。今回はその方法を説明する。

WSLと仮想マシンプラットフォームを有効化

WSL 2を利用するには、少なくとも2つの機能を有効化する必要がある。「Windowsの機能」を起動し、次のように「Linux用Windowsサブシステム」および「仮想マシンプラットフォーム」を有効化する。

「Windowsの機能」で2つの機能を有効化する

すでにこの2つの機能が有効になっているなら変更する必要はない。新たに機能を有効化した場合は、次のようにシステムの再起動を促されるので、システムの再起動を実施する。

機能を有効化したら一旦システムの再起動が必要

WSL 2は、Hyper-Vの機能を利用してLinuxカーネルを仮想環境で実行することで動作する。このため「仮想マシンプラットフォーム」の機能を有効化する必要がある。もし、この機能の有効化ができないようなら、その環境ではWSL 2を利用できない可能性がある。仮想環境やクラウドプラットフォームなど、プロセッサの仮想化支援機能が使用できない環境では、こうした機能が利用できないことがあり、その場合にはWSL 2の利用はできない。

WSL 2の利用ができないとしても、WSL 1は引き続き使用することができる。そうした環境ではWSL 1を引き続き使っていこう。

WSL 2をデフォルト設定

システムが再起動したら、Windows Terminalなどから「wsl --set-default-version 2」と実行して、WSLのデフォルトバージョンをWSL 2に設定する。

デフォルトバージョンをWSL 1からWSL 2へ変更

WSL 2をデフォルトバージョンに設定した直後に上記のスクリーンショットのように「カーネルコンポーネントの更新が必要」といったメッセージが出力される。仮想環境で実行するLinuxカーネルをダウンロードしてインストールする必要があるのだ。

WSL 2用のLinuxカーネルをインストール

先程のスクリーンショットでは「https://aka.ms/wsl2kernel」を参考にするようにという指示が出ている。指示通りにURLを開くと、次のようなページが表示される。

WSL 2 Linux カーネルの更新

ページの中に「最新のWSL 2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ」といったリンクがあるので、このリンクからパッケージをダウンロードしてインストールを実行する。

Linuxカーネルのインストール

Linuxカーネルのインストールが完了したら、デフォルトバージョンをWSL 2に切り替えたコマンド「wsl --set-default-version 2」をもう一度実行してみよう。次のように出力されるメッセージが変わることを確認できる。

Linuxカーネルがインストールされていると別のメッセージが出力される

これでWSL 2のセットアップ完了だ。

Linuxディストリビューションをインストール

この状態で、Microsoft Storeを経由してLinuxディストリビューションのインストールを実施する。本稿執筆時点では、「Ubuntu 20.04 LTS」が標準的な選択肢だ。

Ubuntu 20.04 LTSをインストール

Linuxディストリビューションインストール後に、Windows Terminalで「wsl --list -v」と実行すると、新しくインストールしたLinuxディストリビューションがWSL 2で動作していることを確認できる。

WSL 2で動作しているUbuntu 20.04 LTS

セットアップが必要になるのは今回が最後になるかも

Microsoftは2020年6月17日(米国時間)に公開した「GPU Compute, WSL Install and WSL Update arrive in the latest Insider build for the Windows Subsystem for Linux|Windows Command Line」において、WSL関連の今後の機能について説明した。

これによれば、本稿で実行したWSLの有効化やLinuxカーネルのインストール、今後必要になるLinuxカーネルのアップデートやロールバックがwslコマンドで実施できるようになるという。つまり、今回行った作業をインストーラが自動でやってくれるようになるということだ。

当然、この機能はまだ開発段階であり、今後デフォルトでは有効にならない可能性もある。しかし、これまでの動きを見てもWSL関連の機能はシンプル化が進められてきたので、今後特に設定することなく利用できるようになることに違和感はない。将来のバージョンでは、もっと簡単にWSLを導入できるようになりそうだ。