GHQ本部、政治は情婦を通じて行われた

写真拡大 (全4枚)

他の幹部らは、当初は単身赴任であった

 日本の改革、解放を旗印にわが国にやって来たGHQの幹部たちにとって、何よりも急務だったのは解放――自分たちの欲望の解放であった。時の政府要人もそのへんは心得ており、それに相応しい女性たちを血まなこになって探してきた。まるで女衒(ぜげん)ではないか、とは言うなかれ。GHQとの融和を目指した先人たちの「配慮」こそ、その後の繁栄の礎となったのである。

(※「週刊新潮」2001年5月31日号に掲載されたものです。肩書や年齢は当時のまま使用しています)

 ***

【写真】1日に何十人もの米兵と……! 【歴史の闇に葬られた「日本人慰安婦」たち】

 皇居のお濠端に建つ第一生命ビルに陣取ったGHQには、ダグラス・マッカーサー元帥を筆頭に、GS(民政局)のホイットニー、G2(参謀第2部)のウィロビー、ESS(経済科学局)のマッカートらが顔を揃えていた。

GHQ本部、政治は情婦を通じて行われた

 彼らはマッカーサーの側近中の側近であり、マ元帥の愛機「バターン号」に乗って行動を共にしていたことから「バターン・ボーイズ」とも呼ばれたが、GSとG2の間に占領政策を巡る暗闘があったことはよく知られている。

 それはそれで面白いのだが、占領史の勉強は、ひとまずこれにて終了。

 我々の興味は、そんなことよりも、こうしたGHQの高官たちがどのようにセックス処理をしていたのか、という一点に向かう。実のところ、戦後政治史はここから始まるのである。

マダム烏尾こと烏尾多江

 マッカーサーは女房を連れてきていたが、他の幹部らは、当初は単身赴任であった。男の本心としては手っ取り早く現地調達といきたいところだし、実際に大半の部下はそうしていた。しかし、名もないヤンキーならいざ知らず、GHQ高官ともなると、立場上、そのへんの薄汚いパンパンを買うわけにもいかない。

 彼らはどうしたのか。GSに在籍していたH・E・ワイルズは、著書『タイフーン・イン・トウキョウ』の中でこう記している。

通訳を通じての政府は、多くの場合、情婦を通じての政府に発展した

「通訳を通じての政府は、多くの場合、情婦を通じての政府に発展した。そもそもの最初から、日本人は女を武器にして占領軍に勝つ目算を立てていた」

GHQの実力者、ケーディス大佐

 わが政府も、彼らの暗黙の求めに応じる用意はできていたのである。なにやら、銀行のMOF担の「ノーパンしゃぶしゃぶ接待」を思い起こさせるが、これはもう日本の伝統と言うべきであろう。

 ともあれ、日本の要人たちはGHQの高官を招いてしばしばパーティーを催し、彼らのご機嫌を取り結んだ。そうした席で接待に当ったのは旧華族の女性たち、いわば日本の上流夫人たちだった。「占領『鹿鳴館』時代」と評されるのはこのためである。

 こうして我々は何組かの「親密なカップル」のリストを手にすることになるわけだが、まずは最も有名な、GS次長のケーディス大佐と、「マダム烏尾」こと烏尾多江のケースから見ていくことにしよう。

図らずも「東京銀行」の名づけ親となった太田芳子

 昭和21年2月、旧子爵夫人である烏尾多江(33)=当時、以下同=は、学習院時代からの親友で、やはり子爵夫人である鍋島重子(34)と共に玉川電車の停留所に向かっていた。戦災を免れた不用物資を進駐軍に売却しようと、新橋の第一ホテルに向かう途中だった。

 そこに黒塗りの外車が通りかかり、中から声がかかった。

「お荷物、大変そうだからお送りしましょう。さあ、乗った、乗った」

 女たちは、さして気後れすることもなく、車に乗った。

「烏尾でございます。恐れ入ります」

 多江が自己紹介すると、黒縁メガネをかけた押し出しのいい男が、「楢橋です」と答えた。幣原内閣の書記官長(現在の官房長官)に任命されたばかりの楢橋渡だった。

「お美しいご婦人方だ」

 ヨーロッパでの暮しが長かった楢橋は、そんなお愛想を言って二人を新橋まで送り、帰りにも車を回した。もちろん、楢橋は単なる親切心からそうしたのではない。彼は、GHQに最も人気があった「楢橋パーティー」の主催者だったのである。

陸海軍からそれぞれ5人の将校が顔を出していた

 世田谷の多江の自宅に、背の高い女が訪ねてきたのは、その数日後だった。楢橋の妻、文子(34)である。

 書記官長の妻が訪ねてきただけでも驚きなのに、文子が切り出した用件は、さらに思いがけないものだった。

「明後日の夜、官邸にGHQの方々をご招待しておりますが、とても手が足りません。主人も日本の上流の夫人を堂々と同席させたいと申しております。奥様、ぜひ手助けをお願いしたいですわ」

 文子は、多江の手を取ってそう頼み込んだ。

 多江は明日返事をすると答え、夫、それに鍋島重子も交えて相談をした上で、文子に断りの電話を入れた。

 すると、今度は楢橋文子の友人だと名乗る太田芳子(34)が説得に現れた。

 戦時中、横浜正金銀行(後の東京銀行)のニューヨーク支店長を務めた太田輝夫の妻芳子は如才がなかった。

「大使館のディナーのようなものですから、安心してお手伝い願いとうございます」

 説得に抗し切れず、結局、多江は鍋島重子とともに官邸に出かけることになる。

 当日、女たちは楢橋の私邸に集まり、そこから官邸に向かった。

 多江は、薄紫地の鮮やかな着物を着ていた。

〈今は随分のお年の方まで振袖を着るが、昔は奥様が振袖を着る習慣はなかった。私は一晩でその振袖を留袖に直して貰った。幸い縫い物の上手なお手伝いさんが来ていたので、高価な刺細をほどこした振袖はその人の手で短くチョン切られてしまった〉(『私の足音が聞こえる――マダム鳥尾の回想』)

 パーティー会場である官邸に着くと、すでに人のざわめきで活気づいていた。官邸には大きな食堂があり、きらびやかなシャンデリアが下がったホールがあった。30人ほどの賓客をもてなすには手頃な広さで、英仏語に堪能な楢橋夫妻がホスト役を務めた。

 この夜は、陸海軍からそれぞれ5人の将校が顔を出していた。集まってきた将校たちは、4カ月も日本で暮していながら、日本の窮状すら知らない様子だった。

天皇制をどう位置付けるかについて、本気で愛人に相談

「日本人はいつもハンバーグステーキを食べるのか」

 およそ肉など手に入らない時代なのに、将校たちは、そんな見当違いなことを口にしたというのだから驚く。

「普通のアメリカ人は、フジヤマ、ゲイシャ、ジンリキシャしか知りません」

 日本の貴婦人たちは、緊張しながら、そんなバカな会話に付き合っていた。食事が済むと別室に移り、ウイスキーグラスを片手に話をしたり、音楽に合わせて踊ったりした。

〈鍋島夫人と二人で窓際の椅子に坐っていると、二人の背の高い将校がやって来た。二人で私達を見て何かしゃべっていたが、

「僕はこちらの御婦人と踊るよ」

 と色白の髭の剃りあとも真青な、一寸、シャルル・ボアイエに似た将校が、私の方に手を差しのべた。それは食事の時、私の筋向いに坐っていたコロネル・ケーディスだった〉

〈もっと背の高いプロレスラーのようにガッチリした体格の人がルーテナントコロネル・ローレルだった。後で知ったのだが、この二人に、コマンダー・ハッシイが加わり、三人が中心になって日本の新憲法を作り、功労者として銀章を貰った上、一階級昇格したという。そのトップがケーディスだった〉

 要するに、日本の実情も口クに知らない軍人たちが、ハンバーグステーキを食い、ウイスキーを飲み、人妻との不倫をもくろみながら大慌てで作ったのが、あの憲法だったのである。やはり、改正が必要であろう。

 ともあれ、この「楢橋バーティー」をキッカケに二人は不倫の関係に陥るのだが、あろうことか、新憲法の中で天皇制をどう位置付けるかについて、ケーディスは本気で愛人に相談していたというのだからもう一度驚く。

〈チャック(ケーディスの愛称)に、とうとう決定的な返事を迫られた。

「我々は今までに何度も会議をしているが、どうしても結論が出ない。貴女はどうしたらいいと思うか」

 私も決心して答えた。

「私は素直に天皇制はそのまま残したいと思う。ただし、今までのように神の如き特別扱いは絶対にしないこと。(中略)人間天皇の御一家で残したい」〉

「奥さんを拝借したい」

 GHQ高官と噂された上流夫人は、例えばG2部長のウィロビーと荒木光子(44)、さらに烏尾多江の同級生だった鍋島京子。ケーディスの部下ハッシー中佐は太田芳子。他にも公爵一条家の出である鍋島重子、目賀田正子……等々、華やかな限りである。

 ケーディスと鳥尾以外はどれも噂の域を出ないのだが、楠瀬幸彦陸軍大臣(第一次山本権兵衛内閣)の長女である島村寿(43)は、「ESSマッカート少将の婚約者」を自称し、約800万円を詐取したとして、昭和30年に逮捕されている。これは、「GHQの女たち」の話が、巷間かなりのリアリティをもって語られていたからに他ならない。

 大倉財閥の2代目当主、喜七郎の娘で、旧男爵家に嫁いだ目賀田正子(33)は、鳥尾多江、鍋島京子とともに「学習院の三羽烏」と呼ばれた女性である。学習院の出身だったことから、彼女たちはパーティー仲間の間で「学習院グループ」と呼ばれていた。

 その目賀田正子は、かつて本誌に、こんな驚くべき話をしている。

「太田芳子さんのご主人が勤務していた横浜正金が終戦で潰れちゃったのね。で、東京銀行を設立するために、太田さんたちは必死にGHQに働きかけていたんです。ある日、太田さんがうちの主人に、ひと晩、奥さんを拝借できないか。と言いに来たの。実はGHQの銀行担当の将校がパーティーで私を見かけて、“ぜひ一度お話ししたい”ということだったの。場所は築地の『雪村』というお茶屋さん」

 太田輝夫はなぜ交渉の場に人妻を同行したのか。

「太田さんたちはご飯を食べながら、東京銀行設立の交渉をしていました。その時、私がその将校に“OKしてあげたら”と言ったら、将校はサッとサインしたんです。おかしかったのは、帰りの車中。その将校がしきりに“ホットだ”って言うのね。ホットは暑いという意味の他に、気持ちが燃えているという意味もあるでしょう。それなのに私は“今日は暑いわね”なんて知らん顔して、“さよなら”と車を降りたの。将校は憮然としていたわね」

座興のつもりで、「バンク・オブ・トウキョウ」と答えたら

 いい加減な憲法を作ったばかりか、GHQの将校は、人妻に発情してよけいな銀行まで作っていたのである。

 まんまとサインをもらった太田輝夫の妻芳子は、しかしながら「学習院グループ」のご婦人方がお嫌いだったようで、生前、やはり本誌にこんなことを言っていた。

「鍋島京子さんの家ではしょっちゅうパーティーをしていました。アメリカ人に色々と便宜をはかってもらうためだったのでしょう。京子さんにも親しいアメリカ人がいましたが、ご主人もプレイボーイでしたね。烏尾さんはご主人が斜陽貴族で奥様は大変な美人でしたから、その魅力を売るのも仕方がなかったと思いますが、大臣などが口利きを頼みに来るので威張って、私などには口も利いてくれませんでした。ともかく、烏尾さんとか鍋島さんたちは遊び暮した連中ですよ。女子学習院のお嬢様たちは、いいところのわがまま娘ですからね」

 その口調から察せられるように、太田芳子は大変に怖い人である。生前の彼女と交友があり、その評伝を「新潮45」に発表した作家の松原一枝もこう言う。

「芳子さんは、夫とはどんなことがあっても離婚しないと言っていました。夫の女を見つけると、“硫酸をぶっかけてやる”と脅すそうです。それって本気なの、と訊ねると、“そういう時はいつも真剣勝負よ”と言っていました。学習院出身でも華族でもない彼女が、結果的にパーティーでは一番の人気でした。上流夫人が金にあかして装うのをあざ笑うかのように、古着とバロックの真珠でパーティーに出て、それでも彼女は少しもひけをとらなかった」

 ある時、パーティー会場で酩酊していたダンス・パートナーから、「ミセス太田はどんな銀行名を好むのか」と訊かれた芳子は、座興のつもりで、「バンク・オブ・トウキョウ」と答えた。この結果、新銀行名は「東京銀行」となったという。

 GHQの銀行部門の将校は、「トバシ」とやらで会社を潰した、あの山一證券の幹部よりもいい加減な連中であったと断言していいだろう。

『おとこの味』という恐るべき本を出版したマダム鳥尾

 秀駒こと小林峯子は、18歳で芸者になり、あっという間に新橋一の売れっ子となって、20歳の時には銀座に置屋を構えるまでになっていた。飛ぶ鳥を落す勢いだった秀駒は、昭和電工の社長、日野原節三の愛人だった。が、昭和23年6月、日野原は商工省課長らへの贈賄容疑で逮捕。これにより芦田均内閣は総辞職し、芦田自身も逮捕される。

 これが、戦後史に名高い「昭電疑獄」である。多額の賄賂を渡した見返りに、昭和電工は復興金融公庫から実に23億円もの不正融資を受けていたのである。

 パトロンの逮捕に焦った秀駒は、メロンをもって鳥尾多江のもとを訪ね、「日野原を助けてほしい」と懇願する。手土産はメロンだけではなかった。現金100万円を差し出し、ケーディスへの口添えを頼み込んだのである。

 そもそもこの事件は、多江が夫の事業の資金繰りについてケーディスに愚痴をこぼしたことから発覚したのだった。多江の話から復興基金の融資体制に疑問を抱いたケーディスが部下に調査を命じ、検察に捜査を指示したのである。

 ケーディスの追い落としを図っていた吉田茂は、この一件にからんで、日野原・秀駒ラインからケーディス・多江に多額の現金が渡ったとマスコミにリークする。しかし、多江は秀駒の依頼を一蹴していた。彼女はこの芸者を嫌っていたのである。帝国ホテルの美容室でたまに顔を合わせる秀駒は、ミンクのコートやダイヤの指輪をチラつかせる、いけ好かない女だった。

 ケーディスは、多江の尾行を命じた警視庁の刑事部長、藤田次郎を京都に左遷し、あっさりとこの問題にケリをつけた。マッカーサーのお気に入りであるケーディスとその愛人にかなう者は誰もいなかったのだ。

 昭和30年、銀座にバー『鳥尾夫人』をオープンさせ、「マダム鳥尾」と呼ばれた彼女は、44年、『おとこの味』という恐るべき本を出版する。

正に占領下の女帝だった

〈文章には、どんな短いものにも起承転結があって、それがなければいい文章にはならない。女の身体も同じことである。男の人が、火をつけ(起)あおいでくれて(承)燃えあがらせて(伝)消して(結)くれなければ、完全な女の喜びは得られないからだ。が、そんな男の人は少ない〉

〈ケーディスはセックスも含めて満点に近かった。ワタシの知っている男性では最高だった。ワタシたちは、かたい結婚の約束をかわしていたが、マッカーサーとホイットニーの忠告で、彼はそれを断念しなければならなくなった〉

 日本の男には飽き足らなかったのか、彼女は世界を渡り歩いてセックスをし続け、仏、伊、米、英、独と上位5カ国のランク付けまでしている。

〈強さという点だけだったら、ドイツ、ユーゴ、ポーランドで、それより強いのはソビエトだというが、ワタシはソビエト人は知らない〉

〈女を夢中にさせる男というのは、奥さんがいて、それにきまった愛人もいて、さらにすんなりとつまみぐいもできる男のことで、それをなんの破綻もなくおこなえる人でなければならない。それには、経済力、体力をそなえていて、しかもアタマがよくなくてはできない。ワタシは、こういうことのできる人を甲斐性のある男だといいたい〉

 GHQロビーで「影の女王」と呼ばれた鳥尾多江は、正に占領下の女帝だった。ケーディスが帰国すると、当然のことながら誰も彼女を恐れなくなったのだが、この元子爵夫人もまた何物をも恐れてはいなかったのである。(敬称略)

2020年8月13日 掲載