KARA出身ハラさんの実兄、第1子誕生を報告「妹のことを思い出して涙が出る」

写真拡大 (全2枚)

KARA出身のハラさんの兄が、娘の誕生を伝えた。

ハラさんの実兄であるク・ホインさんは11日、自身のInstagramに「2020年08月10日 14:38。ク・ハリンです。妹のことを思い出して涙がたくさん出ます。祝福してくださった皆様に感謝します」と綴った。

文章と共に公開された写真には、生まれたばかりの愛らしい赤ちゃんの姿が写っている。10日に第1子が誕生し、父親になったことを伝えると共に、ハラさんへの思いも伝えた。

これに先立ってク・ホインさんは3月、Instagramに「サプリまで買ってくれるほど、姪がほしいとよく言っていたハラちゃん。『初の姪っ子には何でもしてあげる。大学まで通わせてあげる』と言っていたハラちゃん」と書き込み、ハラさんが姪の誕生を望んでいたことを明かしていた。

ク・ホインさんは11日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会議員会館で、民主党のソ・ヨンギョ議員と共に記者会見を開き、「ク・ハラ法」の可決を訴えた。彼は、養育の義務を怠った親の相続権を剥奪する「ク・ハラ法」を成立させるため、努力してきた。

これに先立って、5月に国会の法制司法委員会は、法案審査第1小委員会を開き、「ク・ハラ法」を含む民法改正案5件に対し“継続審査”を決めた。この日の審査小委員会は第20代国会の最後の会議だったため、「ク・ハラ法」が事実上廃棄されたのではないかという懸念の声が上がっていた。

しかし、ソ・ヨンギョ議員が第21代国会で民法の一部改正法案、いわゆる「ク・ハラ法」を発議した。ク・ホインさんと共に記者会見にも出席し、再び彼らの動きに関心が高まっている。

・KARA出身ハラさんの実兄、妹に第1子妊娠を報告「姪の姿を見守って」

・KARA出身ハラさんの実兄、母を相手に初の裁判「相続は不当…『ク・ハラ法』の成立を願う」