「ブラームスが好きですか」キム・ミンジェ&キム・ソンチョル&パク・ジヒョン、揺れる友情のスチールカット公開

写真拡大

SBS新しい月火ドラマ「ブラームスが好きですか」(脚本:リュ・ボリ、演出:チョ・ヨンミン)で俳優のキム・ミンジェ、キム・ソンチョル、パク・ジヒョンが揺れる友情を描く。

韓国で今月31日に初放送される「ブラームスが好きですか」は、29歳の境界に立ったクラシック音楽の学生の危なっかしく揺れる夢と愛についての物語だ。「ストーブリーグ」のパク・ウンビン、「浪漫ドクターキム・サブ2」のキム・ミンジェなど、SBSの上半期ヒットドラマの主役の相乗効果が爆発することが予想されて期待を集めている。

劇中パク・ウンビンとキム・ミンジェはそれぞれ、卒業を控えた遅咲き音大4年生のチェ・ソンア役、世界的ピアニストのパク・ジュニョン役を務めて、感性あふれる出会いを描くことになる。「ブラームスが好きですか」は彼らをめぐる六角関係の恋愛模様と感情線を吸引力と共に繰り広げて、視聴者をひきつける予定だ。

今回はキム・ミンジェの絡まった三角関係ラインが公開されて関心を集中させる。劇中キム・ミンジェは、幼い頃から友情を築いてきたキム・ソンチョル(ハン・ヒョンホ役)、パク・ジヒョン(イ・ジョンギョン役)と揺れる関係を描いていく予定である。

公開されたスチールカットには、エリートの道を歩んできた音楽家3人組の姿が収められている。3人は芸術中学校で会って、音楽に取り組みながら成長した間柄だ。キム・ミンジェは優れた才能で世界的ピアニストになり、名門音大を卒業したキム・ソンチョルとパク・ジヒョンは、平凡なスペックのチェリストとバイオリニストになった。

これら3人の関係は、29歳の夏の日に大きな転換点を迎えることになる。果たして彼らの長年の間柄が揺れたきっかけは何なのか、また混乱した状況の中でキム・ミンジェはパク・ウンビンとどんな感情を共有し、出会ったのか好奇心を刺激している。

「ブラームスが好きですか」は愛と友情という感情だけでではなく、天才と犯罪の境界に立った友達の嫉妬と羨望など、様々な感情をしっかりと描きながら話をぎっしりと埋める予定だ。韓国で31日に初放送される。