富士通は8月12日、日本生命保険に対し、全国の営業職員の顧客対応などを高度化するサービスを開発し、富士通コネクテッドテクノロジーズ製の法人向けスマートフォン「ARROWS M359」約5万台と合わせて提供したことを発表した。

「ARROWS M359」

同サービスでは、営業職員が社内へ問い合わせる確認事項についてチャットボットサービスによる自動回答を実現するという。対話制御(ルールベース)による絞り込みと機械学習を組み合わせたハイブリッドAIにより、既存のFAQデータを活用して少ない教師データでも高い正答率を実現するという。

また、営業職員のスキル向上や知識習得のために日々実施している教育を、スマートフォン上でいつでも簡単に実施できるサービスを提供する。個々の空き時間を利用してスマートフォン上で行えるオンライン学習やAIを相手に実施するロールプレイング演習、また毎日のデジタル朝礼を実施できるという。

さらに、営業活動の高度化と効率化を実現する営業支援アプリを提供する。営業所外でもいつでもスケジュールや業務状況を上司と共有できるほか、営業職員の自動似顔絵生成アプリやクラウド電話帳によるセキュアな情報管理などで顧客とのコミュニケーションやアポイントを円滑にする機能を備えるという。これらは既存の営業職員が活用しているタブレット端末とも連動するということだ。

また、営業職員向けに5万台を提供したスマートフォン「ARROWS M359」は、防水性能(IPX5/IPX8)や防塵性能(IP6X)を実現するのに加え、耐久性などの試験をクリアして厳しい環境下でも使用できるという。汚れた場合は洗剤で洗えるため、清潔に利用できるということだ。