展覧会「ヴィンテージアロハシャツの魅力」茅ヶ崎市美術館で、1930〜50年代のアロハシャツが集結

写真拡大

展覧会「ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF」が、茅ヶ崎市美術館にて2020年9月12日(土)から11月8日(日)まで開催される。

1930〜50年代のヴィンテージアロハシャツが集結

「ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF」では、1930年代から1950年代にかけて作られた貴重なヴィンテージアロハシャツを展示。アロハシャツの魅力とともに、ハワイの歴史や、日本文化と日本人との関係など、アロハシャツにまつわる歴史も辿る。尚、公立美術館でのアロハシャツの展示は、今回が国内初となる。

出展されるのは、アロハシャツブランド「サンサーフ(SUN SURF)」のディレクターであり、世界的なアロハシャツコレクターでもある、小林亨一の貴重なコレクションから厳選したヴィンテージアロハシャツの数々。

ハワイの風景を描いたデザインや、虎・鷲・真鯛などを描いた和柄デザインなど、明るいデザインの表情豊かなヴィンテージアロハシャツが集結する。

【詳細】
ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF
会期:2020年9月12日(土)〜11月8日(日)
時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし9月21日は開館)、9月23日(水)
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室 1・2・3
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
観覧料:一般 800円(700円)、大学生 600円(500円)、市内在住 65歳以上 400円(300円)
※高校生以下、障害者およびその介護者は無料
※( )内は 20名以上の団体料金
※アロハシャツ、もしくは「ALOHAマスク茅ヶ崎」を着用して来場すると、観覧料が100円引きになる。
【写真付きで読む】展覧会「ヴィンテージアロハシャツの魅力」茅ヶ崎市美術館で、1930〜50年代のアロハシャツが集結

外部サイト