オリラジ藤森慎吾“プロポーズ失敗の真相”告白

写真拡大

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(37歳)が、8月8日に放送されたバラエティ番組「福岡すっぴんツアー!15」(福岡放送)に出演。恋人への“プロポーズ失敗”の詳細を明かした。

藤森は以前より、13歳下のブラジル人ハーフ女性と交際していることを公にしているが、今年6月に放送されたバラエティ番組で、「正月にプロポーズして断られた」と告白。今回、この件について、自ら“真相”を語った。

「付き合って3年になる」という恋人と、「今年のお正月に決意を決めて、彼女もともと1年、サンフランシスコに留学してて、去年帰ってきて。出会ってすぐに行っちゃったんで、1年間ずっと遠距離で。毎日テレビ電話してました。帰ってきまして、3年目のこの正月に、ずっと彼女が留学してたサンフランシスコの思い出の地に2人で行きまして」と、米国へ旅行に行ったときのこと。

現地では「当時暮らしてた下宿先のアパート見たりとか、『あ〜ここ来てたんだ』みたいな」と、恋人の“思い出”をたどっていき、「ここしかないっていうロケーションで、サンセットビーチで『結婚してください』」と結婚を申し込んだという。

藤森いわく「決めるつもりでしたから、そこで」と、真剣なプロポーズだったが、「そしたら、『まだちょっとそういう気持ちにはなれません』って。『今じゃない』って言われて」と断られてしまい、「10日間旅行行ってたんですけど、僕、2日目に言っちゃって。残りの8日間…」と、暗い気持ちのまま旅行を続けていたようだ。

そして「まあまあでもしょうがいないです。これは別に彼女が悪いわけじゃない。僕が焦ってしまって」と反省する藤森だった。