写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”がテーマの展覧会、Bunkamura ザ・ミュージアムで

写真拡大

展覧会「写真家ドアノー/音楽/パリ」が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2021年2月5日(金)から3月31日(水)まで開催される。

ドアノー作品に流れる“音楽”

20世紀のパリを舞台に、数多くの傑作を生み出した写真家、ロベール・ドアノー。『ヴォーグ』誌や『ライフ』誌でファッション写真などの作品を発表して注目を集めたドアノーは、とりわけパリの庶民の日常を捉えた写真で名を馳せた。

そうしたドアノーの写真は、いわば音楽的な感覚を特徴としている。1枚の肖像写真や風景写真に捉えられた軽やかな動きは言わずもがな、撮影する場所や被写体、時代が変わろうとも、それらすべてが音楽の流れを生み出すかのような効果を生むのだ。

約200点の作品で巡る“パリの音楽散歩”

展覧会「写真家ドアノー/音楽/パリ」は、ドアノー作品における“音楽”に着目。パリの街中に溢れるシャンソンやジャズといったさまざまな音楽の情景を題材に、1930年代から90年代にかけて撮影された写真作品約200点を8章のテーマに分けて展示する。

パリの街角にあふれる音楽

本展は、パリの街角にあふれる音楽と、パリの芸術シーンを彩ったアーティストたちの写真を中心に構成。下町のビストロや酒場でシャンソンを歌う“街の音楽家”を収めた《流しのピエレット・ドリオン》や《音楽好きの肉屋》では、日常の中に音楽が溶け込むシーンを切り取っている。これらの写真からは、ドアノー独自の音楽的感覚が窺えるだろう。

時代を彩ったアーティストたちの素顔

また、ドアノーはシャンソンの名曲「枯葉」の作詞で知られるジャック・プレヴェールや、当時のナイトクラブで活躍した歌手アーサ・キットなど、様々なジャンルで活躍した音楽家の姿を撮影。20世紀を代表するソプラノ歌手マリア・カラスのレコーディング中の様子を収めた1枚は、彼女のリラックスした表情が印象的だ。ドアノーのフィルターを通して、パリの音楽シーンを彩ったアーティストたちの素顔も垣間見ることができる。

展覧会概要

展覧会「写真家ドアノー/音楽/パリ」
会期:2021年2月5日(金)〜3月31日(水)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
開館時間:10:00〜18:00(入館17:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00(入館20:30)まで
料金:一般 1500円(前売 1300円)/大高 700円/中小 400円
※すべて税込
※大高、中小は当日券のみの取り扱い。
※学生券購入の場合は、学生証の提示要(小学生は除く)。
※障がい者手帳の提示で、本人と付き添い1名は半額(一般 750円、大高 350円、中小 200円)。当日窓口で購入。
※未就学児は入館無料。
チケット販売場所:Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamura チケットセンター、オンラインチケット MY Bunkamura
※前売券販売期間:2020年11月21日(土)〜2021年2月4日(木)
※土日祝に限り、オンラインによる入場日時予約が必要

【問い合わせ先】
Bunkamura(ハローダイヤル)
TEL:050-5541-8600
【写真付きで読む】写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”がテーマの展覧会、Bunkamura ザ・ミュージアムで

外部サイト