ペルセウス座流星群が活動中明日12日(水)が活動のピーク

2020/08/11 16:05 ウェザーニュース

現在、3大流星群の一つである、ペルセウス座流星群が活動期を迎えています。活動のピークは明日12日(水)の22時頃と予想されているため、観測には12日(水)深夜〜13日(木)夜明け前の時間帯がオススメです。いつもより短い夏休みの思い出の一つとして、少し夜更ししてご家族一緒に夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

気になる当日の天気は?

当日は、西日本や東海、北日本の太平洋側では晴れて、流星を見られるチャンスがあります。一方、日本海側では暖かく湿った空気が流れ込む影響で雨や曇りとなり、流星観測にはあいにくの天気です。関東も大気の状態が不安定で午後は急な雷雨の可能性があり、星空は隠されてしまいそうです。

期待できる流星数は?

・出現期間:7月17日(金)〜8月24日(月)・ピーク :8月12日(水)22時頃・母天体:スイフト・タットル彗星ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と共に3大流星群の一つとされており、観測できる流星数は年間でも1・2位を争う流星群です。下弦の月が夜空を照らすため条件はやや悪いですが、ペルセウス座流星群の流れ星は明るいものの割合が多いので、月から離れた方向を中心に広く空を見渡せば、流れ星が見える可能性は高いです。アストロアーツ社によると、見晴らしが良く空気が澄んだところで1時間あたり30個前後は見られる見込みです。明けの明星の金星やマイナス2等級の火星と流れ星の共演も見えるかもしれません。ペルセウス座流星群の流れ星は、ペルセウス座の周辺のみに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。また、出現する確率も同じです。月明かりを視界に入れないようにしながら、できるだけ空を広く眺めるようにしましょう。

ペルセウス座流星群の特徴は?

1.遅い時間ほど期待できる流星数は増える流星群に属する流れ星は、放射点(※)を中心に四方八方に流れます。ペルセウス座流星群の放射点は、時間の経過と共に高く昇るため、少しでも多く流れ星を見たい方は、未明頃に観測するのが良さそうです。※流れ星(群流星)が飛び出してくるように見える天球上の点。2.ピークの前後数日は多くの流星が期待できるペルセウス座流星群は、ピークの前後数日は多くの流れ星を観測することができます。天気の関係等でピーク時に観測出来ない方は、その前後の日に観測するようにしましょう。3.明るい流れ星が多く、痕を残すものもペルセウス座流星群は明るい流れ星が多く、火球と呼ばれるひときわ明るい流れ星や、流星痕と呼ばれる痕を残す流れ星が出現することがあります。