NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月11日、リモートワークにおけるコミュニケーションを活性化するオンラインワークスペース「NeWork」を、8月31日から提供開始することを発表した。11日から事前登録の受付を開始している。利用料金は無料。

NeWorkメイン画面

このサービスは、従来のWeb会議では難しかった、立ち話感覚でのちょっとした相談や雑談などを活性化できるように開発された、新たなコミュニケーションツール。「NeWork」にログインしておくことで、同じオフィスにいるかのようにチームやプロジェクトのメンバーに話しかけることができるという。

パソコンのWebブラウザからログイン後、自分の居場所にあたる「ワークスペース」に入る。プロジェクトや話題ごとに「バブル」を作ることができ、これが仮想的な部屋(会話スペース)として機能するという。

「バブル」に参加しているときは、常に接続された状態となるため、発言するだけで即「バブル」内のメンバーとの会話が可能。「バブル」にいないメンバーも話せる状態かどうかがアイコンでわかるため、気兼ねなく1クリックで話しかけることができるとうことだ。

メンバーとの会話では、ビデオ通話はもちろん、資料の画面共有を行うこともできるため、本格的な会議に使用できるとしている。

なお、8月11日より事前登録の受付を開始しており、利用料金は無料。個人単位での申し込みが可能となっている。事前登録者から優先的に提供を開始し、利用できるタイミングになり次第、登録したメールアドレスに連絡があるということだ。事前登録はNeWorkのWebサイトから行える。