レバノンの大爆発事故 安保当局が事前に大統領と首相に危険性を警告

ざっくり言うと

  • レバノンの大爆発事故の原因とされる港に保管されていた硝酸アンモニウム
  • 安全保障当局が7月に大統領や首相に危険性を警告していたという
  • ロイターが、当局による報告書などを通じてこの事実を突き止めたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x