写真/Adobe Stock

写真拡大

 マウンティング、それはビジネスでもプライベートでも有効に活用すれば自分自身の生活の幸福度を格段に高めてくれる、古来から常に存在し続けていた人間関係における必須のコミュニケーションの一種。
 マウンティングポリス連載の第三回では、インスタ映えなどで想起される「マウンティング欲求」を起点にした革新的なビジネスアイディアを着想する方法についてお届けします。

=====

 マウンティングが革新的なビジネスアイディアを着想するうえで有効な手段になるとはどういうことか。今回は、この辺りについて、国内外の代表的な事例をいくつか列挙した上で、マウンティング欲求を起点にイノベーションを創出する方法について考えていきたいと思います。

◆優れたサービスは人間に内在する根源的なマウンティング欲求を踏まえた形で入念に設計されている

 優れたイノベーションの多くは、人間に内在する根源的なマウント欲求を踏まえた上で、「この先進的なサービスを使っているイケてる俺(私)」というマウンティングエクスペリエンス(※ マウントを通じて得られる至福感、多幸感、恍惚感のこと)を顧客に対して提供することに成功しています。以下では、このポイントについて詳細に説明すべく、具体的な事例をいくつか挙げてみたいと思います。

◆Starbucks Coffee

 まずは皆さんにもお馴染みの存在であるスターバックスコーヒー(以下、スタバ)。多くの人々から愛される世界的コーヒーチェーンとして知られるスタバですが、毎日スタバを利用している立場として感じるのは、スタバが顧客に対して提供している価値は、コーヒー(だけ)ではなく、社会学的な見地から言えば、「サードプレイス(コミュニティの核となるとびきりの心地よい場所)」、(※参考『サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」』レイオルデンバーグ著)マウンティング的な見地から言えば、「米シアトル発祥のカフェでMacをカタカタしながらクリエイティブな作業に取り組んでいる先進的な俺(私)」という名のマウンティングエクスペリエンスなのではないかということです。

 事実、創業者のハワード・シュルツ氏は同社の創業の背景について、「本当に作りたかったのは、居心地の良い場所。深煎りコーヒーだけではありません」と述べており(※参考『It’s Not About the Coffee』著ハワード・ベハール)、同氏が優れた経営者であると同時に、卓越したマウンティングエクスペリエンスの設計者であることが示唆されています。

◆NewsPicks

 世界中に存在する数多くのメディアの中で、最も秀逸なやり方でマウンティングエクスペリエンスを提供しているメディアの一つがNewsPicksです。NewsPicksは、伝統的メディア出身の実力派の記者達によって制作された見応えのあるコンテンツで高い評価を得ていますが、これに加えて、高度な専門性を備えた有識者による高品質なコメントがNewsPicksのメディアとしての価値の源泉になっているのではないかと個人的には考えています。

 そしてもう一つ思うのが、この有識者による高品質なコメントを生み出すための手段の一つとして、NewsPicksでは有識者に対して「プロピッカー」という名の栄誉を与えることによって、高品質なコメントが有識者から自動的に集まる仕組みを構築することに成功しているということです。

 要するに、NewsPicksはプロピッカーに対して社会的な栄誉という名のマウンティングエクスペリエンスを提供し、高品質なコメントを集めることによって、メディアとしての価値を飛躍的に高めることに成功しているのではないかということです。