レバノンで爆発の責任を追求 反政府デモが外務省を襲撃

ざっくり言うと

  • 中東レバノンの首都ベイルートで8日、大規模な反政府デモが起きた
  • 軍を引退した将校らが外務省を襲撃し、そこが「革命本部」だと宣言
  • 4日に発生した大爆発は政府の責任、などと訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x