最低賃金の仕事しかない…失業中にコロナ流行、43歳派遣男性の不幸

写真拡大

 新型コロナウイルスの流行により仕事や住居の変化、起業・学業・結婚の中断、中には家族の死など人生計画を狂わされてしまった人々は数多い。彼らはその後、どうなったのか? 今後もコロナ禍収束の見通しが立たない中、その生活ぶりと価値観の変遷に密着した。

◆コロナ鬱で失業保険をもらい損じた上に職探しに苦労

 失業中に新型コロナの煽りを受け、人生のどん底に落された人もいる。

 元自動車期間従業員の斉藤正義さん(仮名・43歳)は借金300万円を抱え、昨年11月まで他県の自動車メーカーの工場に期間従業員として出稼ぎに出ていた。しかし、勤務中の事故で右手の薬指を骨折し、退職を余儀なくされてしまった。

「借金は残ったままですが、正直言うとケガをしてホッとした気持ちもありました。昼夜2交代制で慢性的な睡眠不足に陥りましたし、ミスをすればライン全体が止まってしまうプレッシャーに押しつぶされそうでした」

 実家に戻った斉藤さんだったが、指のケガよりも心のダメージが深く、鬱々と過ごすうちに1月に予定していたハローワークとの面談日をすっぽかし、2か月間も放置してしまった。これが、さらなる不幸の始まりだった。

「コロナが流行し始めてさらに心が落ち込んでいたのもあり、なんとなく行きにくかったんです。しかし、正当な理由なく行かなかったので、失業保険の受給意思がないと見なされてしまったんです」

 受給資格を喪失したことに気づいたのは、3月に入ってから。国内でコロナウイルスがさらに拡大を始めた時期だった。

「慌てて職探しを始めたのですが、コロナで派遣切りに遭った人たちも一斉に職を探し始めたので、働き口は全く見つかりませんでした」

◆やっときまった仕事も時給はほぼ最低賃金

 あてにしていた失業保険が入らず、銀行口座からお金だけが出ていく日々。実家ではやることもなく、テレビをつければ不安を煽るようなコロナ関連のニュースばかり。うつ病寸前まで追い込まれた斉藤さんは再就職もままならず、ゴールデンウイーク直前に派遣会社経由でやっと仕事にありつくことができた。

「半導体工場の検品作業なのですが、時給は1000円。県の最低賃金と数十円しか変わりません。毎日残業ありの11時間労働というキツい条件でしたが、それでも本当にありがたかった」

 しかし手取りは20万円ほどで、借金や生活費の支払いで口座残高はあっという間に数百円に。そんな彼の救いになったのが、5月末に振り込まれた10万円の特別定額給付金だった。

「実家暮らしなので、入金されたのは父親の口座なんですけどね。節約生活で1万円札は持たないようにしていたので、久々に手にした『諭吉』なので嬉しい。半年ぶりに居酒屋に飲みに行けました」

 奇しくも不幸の連続から、小さな幸福を喜ぶようになった斉藤さんであった。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[コロナ禍と人生]―