ディープインパクトの死で失われる「方程式」>>

 時が経つのは早いもので、8月9日にキングカメハメハの一周忌を迎えた。同年に天に召されたディープインパクトもさることながら、キングカメハメハも日本競馬史上に残る名馬、名種牡馬だった。


2005年のキングカメハメハの種牡馬展示会には多くの人が訪れた

 現役時代のキングカメハメハは、3歳春(2004年)にGNHKマイルC(東京/芝1600m)を5馬身差のレースレコードで圧勝すると、続くG菊本ダービー(東京/芝2400m)もコースレコードで完勝。この両レースを制した初の馬となった。その秋に屈腱炎を発症し、わずか8戦7勝のキャリアで引退したが、レースで見せたパフォーマンスは強烈だった。

 4歳という早い時期から種牡馬入りしたキングカメハメハは、順調に活躍馬を送り出していった。2年目産駒のローズキングダムはG議日杯フューチュリティSを、アパパネはG戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズを勝ち、揃って最優秀2歳牡馬・牝馬のタイトルを獲得。ローズキングダムは3歳時にG汽献礇僖鵤辰離織ぅ肇襪魏辰─▲▲僖僖佑錬猫戯花賞、G汽ークス、G欺華賞も勝って「三冠牝馬」となった。

 アパパネが牝馬三冠を制した2010年、2011年に、キングカメハメハはJRAリーディングサイアーを獲得。日本ダービー馬がJRAリーディングサイアーに輝いたのはディープインパクトより先で、史上初の快挙だった。

 翌年からはディープインパクトにリーディングサイアーの座を奪われるも、2018年まで7年連続2位と、極めて安定した成績を残した。その間に送り出したロードカナロアは、日本調教馬として初めてG宜畊船好廛螢鵐箸鮠〕し、JRA年度代表馬にも輝いた。名牝エアグルーヴ(G汽ークス、G掬傾直沺秋)を母に持つルーラーシップも、香港のG汽イーンエリザベス2世Cを勝利している。

 ダートで一時代を築いた名馬のホッコータルマエは、日本で初めてG機臣亙交流G気10勝を達成。そして初のダービー馬となったのが、7世代目産駒のドゥラメンテだ。

 ドゥラメンテはエアグルーヴを祖母に持ち、G汽┘螢競戰構王杯連覇のアドマイヤグルーヴを母に持つ良血。G技月賞も勝って二冠を果たし、G菊本ダービーでは父が出したレースレコードを更新した。そのドゥラメンテの2年後にも、日本ダービー馬レイデオロが誕生。4歳時もG掬傾直沺秋を制するなど息の長い活躍を見せた。

 さらに、キングカメハメハのすばらしい功績は、優秀な「後継種牡馬」を輩出している点にある。中でもロードカナロアは、初年度産駒から「牝馬三冠を」含むG毅珪,慮縮鮑廼馬アーモンドアイ、G汽泪ぅ襯船礇鵐團ンシップ勝ち馬のステルヴィオを、2世代目産駒からも皐月賞馬サートゥルナーリアを出した。今年は海外でも、タガロアが豪GMRCブルーダイアモンドSを勝利している。

 ロードカナロアはJRAサイアーランキングでも、ディープインパクトに次ぐ2位につけ、次代の首位を伺う存在だ。さらにルーラーシップも産駒として結果を残しており、初年度からG亀堂崗涵,素呂離セキ、昨年はメールドグラースが豪GMRCコールフィールドCを勝利している。

 ディープインパクトの後継種牡馬、リアルインパクトの産駒であるラウダシオンも今年のGNHKマイルCを勝利しているが、キングカメハメハは2頭の種牡馬が海外を含む合計5頭のG鞠呂鮟个靴討い襦8綏兌鏖看呂料茲い任楼貶皀蝓璽匹靴討い襪噺世┐襪世蹐Α

 日本ではサンデーサイレンス系の発展が目覚ましく、必然的にサンデーサイレンス系の牝馬が多くなっているため、それら牝馬の相手には、血が濃くなり過ぎないように非サンデーサイレンス系の種牡馬の需要が高い。実際に、昨年の日本供用種牡馬の種付け数ランキングを見ても、ロードカナロア245頭、ルーラーシップ225頭と、キングカメハメハ産駒の2頭が上位を占めた。

 今年はドゥラメンテの初年度産駒がデビューしているが、8月2日時点のJRA2歳リーディングでトップに立つ幸先のいいスタートを切っており、今後も多くの馬が台頭してきそうだ。今年から種牡馬入りしたレイデオロも、初年度の種付け料が600万円と、破格の金額が設定されるなど大きな期待が集まっている。

 このように、現在、日本の生産界が求めているのはサンデーサイレンス系よりキングカメハメハ系とも言える。種牡馬界の移り変わりは激しく、かつて"大種牡馬"と呼ばれたノーザンテーストも父系は絶滅寸前で、サンデーサイレンス系が同じように勢力を失っていっても不思議ではない。10年後、20年後、キングカメハメハ系がサンデーサイレンス系のような「一大父系」を築いているかもしれない。 種牡馬の戦いは、その後継種牡馬によって続いていく。キングカメハメハ系がどのように発展していくか、楽しみに見守りたい。