Microsoftは2020年8月5日(米国時間)、公式ブログ「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 20185|Windows Experience Blog」において、Windows PCからAndroid端末へ直接アクセスできるアプリ「スマホ同期」(英語名は「Your Phone」)のアップデートを発表した。

同日、Windows Insider Programの"Dev"チャンネルに参加するユーザ向けに「Windows 10 Insider Preview Build 20185」が公開されており、スマホ同期のアップデートはこれに合わせて発表されたもの。最新版では、PCから個別のアプリを直接利用したり、よく使うアプリをWindowsのタスクバーやスタートメニューにピン留めしたりできるようになる。

PCから個別のアプリを起動して操作できる - 資料: Windows Experience Blog

「スマホ同期」は、対応するスマートフォン(Android端末)とWindows PCを接続して、PC上からスマートフォンにアクセスできるようにするアプリ。スマートフォンに保存された写真をPCで閲覧したり、スマートフォンに届いた通知をPCで確認したりすることができる。一部の端末では、PCから直接スマートフォンの画面を操作することもできるようになっている。

今回発表された最新版では、新たに「Apps」と呼ばれる機能が追加されている。これはスマートフォンのアプリをPC上から直接起動して操作できるもの。画面全体を操作するのとは異なり、アプリ単体で個別のウィンドウとして起動して操作できるため、スマートフォン側で表示しているのとは別のアプリを使用することも可能。

PCで起動したアプリは、キーボードやマウス、タッチスクリーンで操作できる。スマートフォンのアプリ画面をPCにキャストする仕組みなので、PC側にエミュレータなどの追加のソフトウェアをインストールする必要はない。

そのほか、よく使うスマートフォンのアプリをWindowsのタスクバーまたはスタートメニューにピン留めしたり、スマホ同期アプリ内で「お気に入り」に登録して管理したりといったことも可能になっている。スマホ同期アプリ内のアプリアイコンでは通知バッジも表示される。

スマホ同期アプリは、Windows 10 October 2018 Update以降がインストールされたPCで使用できる。スマートフォン側の対応するデバイスは次のページにリストアップされているが、スマホ同期そのものがMicrosoftとSamsungの共同開発によって実現した機能であるため、本稿執筆時点ではSamsung製の端末のみが対象となっている。

Supported devices for Your Phone experiences

上記のリストのうち、新しい「Apps」機能に対応しているのは「What devices support Phone screen?」の項目に掲載された端末のみである。要件としては、「Link to Windows」を備えたAndroid 9.0移行のOSがインストールされていることが挙げられている。また、一部のアプリではキャスト機能がブロックされていたり、PCのマウスやキーボードに応答しなかったりといった問題も報告されている。

さらに、2020年内には複数のスマートフォンアプリを同時に実行する機能が実現する予定だという。この機能は、8月5日に発表されたばかりの「Galaxy Note20」で利用できるようになるとのこと。