坂上忍

写真拡大

 俳優の坂上忍がMCを務めるフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」が9月いっぱいで終了することを、一部スポーツ紙が報じた。
 同番組は2018年4月にスタート。世間を騒がせた人や事件の今を追跡・直撃するバラエティー番組として人気を集めていた。

 ​>>『バイキング』MCがフジ伊藤アナに? 『とくダネ』打ち切り、坂上忍の降板への布石か<<​​​

 記事によると、同局では、坂上がMCを務める昼の帯番組「バイキング」の放送時間が10月から拡大することが決定。さらに、「坂上どうぶつ王国」も抱えていることから、今回の改編で坂上の負担を減らす狙いもあるようだ。

 気になる「シンソウ坂上」の後番組だが、お笑いコンビ「千鳥」の冠バラエティー番組「千鳥のクセがスゴいネタGP」をレギュラー放送。同番組は今年5月に単発で放送され、局内外で高い評価を集めていたことからレギュラー化されるようだ。
 「千鳥は他局で続々とレギュラー番組が決まり大ブレイク中。フジもその勢いに乗るべく、今や局の看板ともいえる坂上の番組を終了させてまで、レギュラーを持たせることにしたようだ」(放送担当記者)

 坂上といえば、現在地上波では7本のレギュラー番組を抱え、そのうちフジが過半数の4本。「シンソウ坂上」の終了で、レギュラーが1本減となってしまうが、そうなったのは金銭面が関係しているようだ。

 「坂上といえば、今年4月、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令から解除までにおける個人としての収入全てを、何らかの形で寄付することを宣言するなど、かなり懐が温かいことを示唆した。しかし、現在、フジは制作費を大幅に見直している最中。『バイキング』の時間が拡大すればその分ギャラのアップは必須。しかし、『シンソウ坂上』を終了することで、坂上に支払うトータルのギャラを下げる狙いがあったと見られている」(芸能記者)

 さらに、「バイキング」では、10月から坂上と同局の伊藤利尋アナウンサーでダブルMC体制となることが報じられた。
 「やりたい放題で、スタッフにパワハラ三昧だった坂上だが、伊藤アナを据えることで少しでも“権力”を減らそうというのが狙い。フジに“坂上王国”を築きそうな勢いがすっかり失速しているようだ」(同)

ところで、フジのギャラからいくら分を寄付したかが気になるところだ。