独ベルリンのトイフェルゼー湖で、ノートパソコンの入ったバッグを奪ったイノシシを追う男性。アディル・ランダワさんがインスタグラムで公開(2020年8月5日撮影)。(c)AFP PHOTO /ADELE LANDAUER/@adelelandauer_lifecoach

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ・ベルリンの湖畔で、全裸で日光浴をしていた男性がノートパソコンの入ったバッグをイノシシに奪われ、恥じらいもなく追いかけて取り返す様子を捉えた写真がインターネット上で拡散されている。

 この出来事があったのは、ヌード日光浴で人気のトイフェルゼー(Teufelssee)湖。ベルリンに住むライフコーチのアディル・ランダワ(Adele Landauer)さんがその様子を撮影し、自身のインスタグラム(Instagram)のアカウントで7日、この男性が「本物のヒーロー」だとして写真を公開した。

 ランダワさんによると、子ども2頭を連れた雌のイノシシが食べ物を探しに森から現れた。人々は皆怖がっていたが、イノシシは落ち着いた様子だったという。

 イノシシの親子は、男性のバックパックからピザを取り出して食べた後、黄色のバッグを持ち去ろうとした。バッグの中にはノートパソコンが入っていたため、持ち主の男性がすぐに追いかけた。

 ランダワさんは「(イノシシに対して)集中力を保った彼をみんなが尊敬した。手に黄色のバッグを持って戻ってきたときには、拍手をして彼の成功を祝福した」とインスタグラムに書いている。

 ランダワさんが男性に写真を見せ、共有していいかと尋ねると、男性は笑っていたという。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ヌーディストビーチの栄光の日々をもう一度 クロアチア
出演者も観客も全裸の演劇、仏パリの劇場で初上演
動画:感染予防は「宇宙服」で ブラジルの夫婦、地元で話題